AnzoCapitalの入金方法に、国内銀行送金(国内送金)が追加

AnzoCapitalへオンラインバンキング経由で日本円ダイレクト入金可能

海外FX業者 AnzoCapital(アンゾーキャピタル)の入金方法に、国内銀行送金が追加されました。 AnzoCapitalの国内銀行送金(国内送金)は、オンラインバンキングへの振り込みとなり、他の入金方法と比べると安い手数料と日本円での確実な入金が魅力です。

海外FXのサブ口座として、口座開設が増えているAnzoCapitalの2つの強みを知ろう!

指標トレードに強い!残高1,000万円までレバレッジ規制もなし!

経済指標発表時の指標トレードができるFX会社を探していますか? 残高が500万円を超えても、500倍のハイレバレッジが利用できるFX会社を探していますか? どちらも兼ね備えた海外FX業者のAnzoCapital(アンゾーキャピタル)で口座開設をしましょう!

TICKMILLの入金方法に、JCBカード/JCBデビットが追加

海外FXのTICKMILLは、VISA/JCBのクレジットカード&デビットカードで入金出金可能

海外FX業者 TICKMIL(ティックミル)の入金法方法・出金方法に、JCBカード/JCBデビットが追加されました。 現在、TICKMILLの入出金は、クレジットカード(デビットカード)およびオンラインウォレット SticPay(スティックペイ)、銀行送金(海外送金,国際送金)で可能です。

AnzoCapitalより、日経平均などの株価指数銘柄のレバレッジ規制のお知らせ

不安定な市場と判断し、最大レバレッジ25倍へ制限

海外FX業者 AnzoCapital(アンゾーキャピタル)は、不安定な市場から、一部の取引銘柄でレバレッジ規制を実施します。 対象は、日経平均株価などを含む株価指数銘柄銘柄で、最大レバレッジが25倍に引き下げられますので、ご注意ください。

XM(XMTrading)のSticPay出金は、入金額まで可能です ー 入金額以上の出金はできません

XMのMT4/MT5口座からの利益出金は、銀行送金を選択ください

海外FX業者 XM(XMTrading)の入金方法・出金方法に関する利用ルールについてご案内です。 オンラインウォレットのSticPay(スティックペイ)では、入金額までしか出金できませんのでご注意ください。

イギリスFCA登録下にある海外FX業者の補償額が拡大

海外FX業者の債務不履行時に、一人最大8.5万ポンドまで補償

イギリスの金融庁FCAラインセス取得済&FSCS登録済の海外FX業者による債務不履行時に、トレーダーへ支払われる補償額が上がりました。 FSCSへ申告し、事実が認められると、お一人様、最大85,000ポンド(日本円で約1,000万円)まで補償されるようになります。 (ただし、イギリスFCAライセンス取得済&FSCS登録済にある海外FX業者で口座開設したトレーダーのみ対象の補償です。)

海外FXの英語利用規約を、ポイント日本語解説!- XM(XMtrading)100%&20%入金ボーナス

利用規約の日本語訳で、ボーナス受け取り条件・使い方を正確に把握しよう

評判の海外FX業者 XM(XMTrading,XMトレーディング)の「100%入金ボーナス」と「20%入金ボーナス」の英語利用規約のポイントを、日本語で分かりやすく解説します。 XMで口座開設後、どなたでも入金するだけで、自動受け取りとなる入金ボーナスの利用規約に書かれていることを把握して、正しいボーナスの使い方をしましょう。

XM(XMTrading)各社より、MT4のバージョンアップのお願い

海外FX取引プラットフォームMT4の旧バージョンのサポートが完全終了

XMほか海外FX業者は、最新バージョンのMT4(MetaTrader4,メタトレーダー4)のダウンロードをお願いしています。 2019年7月1日以降、一部の旧バージョンのMT4で、MT4の開発・提供元のMetaQuotesによるサポートが完全に終了するためです。 iPhone/iPadのiOSおよびAndroidのMT4アプリ(FXアプリ)も対象ですのでご注意ください。

IFC Markets(IFCマーケット)が、入金方法に「国内銀行送金」を追加

国内銀行送金(国内送金)による入金なら、数百円の振込手数料のみ

海外FX業者 IFC Markets(IFCマーケット)より、入金方法に、国内銀行送金の追加のお知らせです。 2019年6月17日 月曜日から、IFC Marketsは国内銀行送金(国内送金)に対応開始します。 国内銀行送金を使った入金の場合、入金手数料は、国内銀行口座への振込手数料のみです。

XLNTrade(エクセレントレード)より、ロールオーバー申請についてお知らせ

メールで、限月のある先物取引銘柄のロールオバーが申請可能に

海外FX業者 XLNTrade(エクセレントレード)で、先物取引銘柄のロールオーバーをメールで依頼できるようになりました。 ロールオーバーを希望する方は、先物取引銘柄の取引終了期限の48時間まで、XLNTradeにメール依頼をして下さい。

TitanFX(タイタンFX)が、運営会社名を「Titan FX Limited」に変更

TitanFXの旧運営会社会社名はTI Securities Limited。海外FXのサービスに変更はありません

海外FX業者 TitanFX(タイタンFX)は、運営会社名を「Titan FX Limited」に変更しました。 以前は、「TI Securities Limited」でした。 運絵会社名の変更のみで、海外FXのトレーダーへのサービスには一切影響がありません。

LandFX(ランドFX)のサーバーダウンによる損失の補償とお詫びボーナス提供のご案内

2019年6月6日のサーバーダウンの報告と損失補てんと損害額に応じたバランスボーナス実施のご案内です

海外FX業者 LandFX(ランドFX)で、2019年6月6日 木曜日に取引サーバーがダウンしました。(2019年6月8日に完全復旧済み。) 今回のサーバーダウンにより損害が発生したLandFXトレーダーには、損失の補填(損失補償処理)が行われます。 また、損失の...