IFCMarkets(IFCマーケット)より、仮想通貨取引の最大レバレッジ引き上げのお知らせ - 4倍から8倍に変更

ビットコインとイーサリアムが、レバレッジ8倍で取引できます。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、仮想通貨取引の最大レバレッジを引き上げました。 これまで4倍だったレバレッジが、8倍になりました。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)が、レバレッジ8倍で取引できます。

IFCMarkets(IFCマーケット)より、ビットコインとイーサリアムの取り扱い開始のお知らせ

BTCUSDとETHUSDがレバレッジ4倍で取引できます。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、仮想通貨取引のサービスを提供開始しました。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)が取引できます。 レバレッジは4倍(必要証拠金率は25%)です。

IFCMarkets(IFCマーケット)より、イーサリアム(Ethereum/ETH)での入金・出金に対応開始のお知らせ

ビットコインとイーサリアムの仮想通貨を取引口座に入金できます。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、新しい仮想通貨の入金と出金に対応しました。 ビットコイン(Bitcoin/BTC)に加えて、イーサリアム(Ethereum/ETH)でも入出金できます。 最低100ドル相当の仮想通貨から入金できます。

IFCMarkets(IFCマーケット)より、入金方法に国内銀行送金の追加のお知らせ

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)の決済方法に国内銀行送金が追加。国内銀行送金(国内送金)だからATMで、最短5分で入金できます。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、入金方法に国内銀行送金を追加しました。 国内銀行送金(国内送金)だから、ATMからの振り込みで簡単に取引口座へ入金できます。 入金手数料は、振込手数料が発生します。

IFCMarkets(IFCマーケット)が、セガサミーとJR東日本、ファーストリテイリングの株式CFD銘柄を取り扱い開始 - レバレッジ40倍で取引できます

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、東京証券取引所に上場する日本株3銘柄の取り扱いを開始。セガサミーとJR東日本、ファーストリテイリング。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、新しい日本株の取り扱いを開始しました。 東京証券取引所に上場する東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)と株式会社ファーストリテイリング、セガサミーホールディングス株式会社の3銘柄です。 IFCMarketsでは、上記銘柄を含めた約90の日本株が最大40倍のレバレッジ(最低2.5%の必要証拠金)で取り引きできます。

IFCMarkets(IFCマーケット)より、新しい取り扱い銘柄のご紹介 - 追加銘柄はアメリカ株の10銘柄

海外FX業者 IFCMarketsの株式銘柄に、10社のアメリカ株が追加。最大レバレッジは20倍。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、取り扱い銘柄に新しく10銘柄を追加しました。 IFCMarketsに追加された銘柄は、Netflix(ネットフリックス)を含むアメリカ株の10銘柄です。 また、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とNASDAQ(ナスダック)に上場する10社です。 IFCMarketsではアメリカ株の10銘柄を、最大レバレッジ20倍(必要証拠金率5%)と追証なしのゼロカットの取引環境・取引条件でトレードできます。

IFCMarkets(IFCマーケット)より、レバレッジ制限のお知らせ - 香港証券取引所のCFD銘柄は最大レバレッジ5倍

海外FX業者 IFCMarketsはHKEXのCFD銘柄のレバレッジを一時的に制限しています。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、 一部銘柄でレバレッジ制限をしています。 レバレッジ制限の対象は、IFCMarketsが取り扱う香港証券取引所(HKEX)のCFD銘柄です。 香港証券取引所のCFD銘柄の最大レバレッジは、一時的に5倍まで引き下げられています。(証拠金率に換算すると20%まで引き上げられています。)

IFCMarkets(IFCマーケット)より、会員ページの更新と新しいメニューのご案内

海外FX業者 IFCMarketsの会員ページが、新しいインターフェースにアップデート。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)のトレーダーだけがログインできる会員ページのデザインが新しくなりました。 会員ページにログインすると、すべての機能がワンクリックで利用できる新しい使いやすいダッシュボードが表示されます。 IFCMarketsの会員ページは、IFCMarketsの日本人・日本語窓口へ問い合わせできるチャット機能などのカスタマーサポートも充実しています。

IFCMarkets(IFCマーケット)より、WTI原油とブレント原油の取引条件変更のお知らせ

IFCMarketsではWTI原油とブレント原油の最大取引量は75,000バレル。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)が、WTI原油とブレント原油の最大取引量を変更しました。 2019年9月9日 月曜日以降、WTI原油(OIL)とブレント原油(#C-BRENT)の最大取引量は、75,000バレルになりっています。

イギリスの新首相決定の影響で、GBP関連通貨ペアのスプレッドが拡大中

IFCMarketsは、スプレッド幅が通常の2倍まで広がる可能性を示唆。

2019年7月23日 火曜日に、イギリスの新首相(保守党の新党首)が決まる選挙が開催されました。 (すでに、投票結果が発表されており、ボリス・ジョンソン前外相の就任が決定しております。) 今回の保守党の党首選は、GBP(イギリスポンド)関連通貨ペアの為替変動に大きく影響を与えており、すでにIFCMarketsでは、一時的にスプレッド幅が、通常の2倍程度に広がることをお知らせしています。

IFCMarketsのAndroid用FXアプリが、バージョンアップ ー NetTradeX 1.12.0

NetTradeX 1.12.0は、IFCMarketsのオリジナル取引プラットフォームです。

海外FX業者 IFCMarkets(IFCマーケット)のオリジナル取引プラットフォーム「NetTradeX」が、バージョンアップしました。 Android用のNetTradeX(ネットトレードX)の最新バージョンは、新機能が追加されたVersion 1.12.0になります。