WeTrade(ウィートレード)より、口座開設できる年齢の引き下げのお知らせ - 18歳から口座開設可能

成年年齢引下げに伴い18歳以上が口座開設できる様になります。

海外FX業者 WeTrade(ウィートレード)が口座開設できる年齢を18歳に引き下げます。 日本の成年年齢引下げが実施される2022年4月1日(金)以降、18歳以上が口座開設できる様になります。

WeTrade(ウィートレード)より、ダイナミックレバレッジに関するお知らせ

2022年2月26日から新しいレバレッジ制限のルールが適用されます。

海外FX業者 WeTrade(ウィートレード)がレバレッジ制限のルールを変更します。 有効証拠金が5,000ドル以上になると、FX通貨ペアと貴金属(金・銀)のレバレッジが半分になるダイナミックレバレッジが適用されます。 日本時間で2022年2月26日(土)の午後8時から適用されます。

WeTrade(ウィートレード)より、リップルおよびライトコイン、モネロ、イオスの取り扱い開始のお知らせ

ビットコインやイーサリアムに加えて、リップルなどの仮想通貨が取引できます。

海外FX業者 WeTrade FX(ウィートレード)が、リップルとライトコイン、モネロ、イオスの取り扱いを開始しました。 これまでのビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムと同じ様に最大レバレッジ30倍で取引できます。 一部の時間を除いて、週末の土曜日と日曜日も取引できます。

WeTrade(ウィートレード)より、一部の株価指数の取引時間変更とスワップ3倍デーの変更のお知らせ

香港ハンセン株価指数とオーストラリアS&P/ASX 200、フランスCAC 40の取引時間が変更。

海外FX業者 WeTrade(ウィートレード)が株価指数CFDの取引環境と取引時間を変更しました。 香港ハンセン株価指数とオーストラリアS&P/ASX 200、フランスCAC 40の取引時間が変更されました。 スワップ3倍デーは、金曜日に変更されました。

WeTrade(ウィートレード)より、仮想通貨取引における取引コストの新しい計算方法のお知らせ

仮想通貨ペアのスプレッドを縮小させ、0.12%の取引手数料を追加。

海外FX業者 WeTrade(ウィートレード)が、仮想通貨取引における取引コストの計算方法を変更します。 これまではスプレッドのみでしたが、今後は「以前より狭いスプレッド+0.12%の取引手数料」がトレーダーの負担する取引コストになります。 取引手数料が追加されることで以前に比べて取引コストが増えるという意味ではありません。