仮想通貨の証拠金倍率を4倍以内とするルール策定か - 最大25倍程度から4倍以内、自主ルールで推奨

仮想通貨証拠金取引のレバレッジは最大4倍に 自己資金以上の取引ができる証拠金取引は仮想通貨にも広がっているが、仮想通貨の証拠金取引において証拠金倍率の上限を4倍とする業界内ルールを策定する動きが進んでいることがわかった。 …

米ドルに連動する新たな仮想通貨「Stronghold」が誕生へ - 米Prime Trustが開発、IBMが支援

仮想通貨というと、とにかく「値動きが激しい」のが特徴と思われがちだ。 たしかにビットコインなどの仮想通貨は値動きが激しい。 しかし法定通貨に連動(ペッグ)した仮想通貨があれば、価格は非常に安定する。 そしてアメリカでは、米ドルと連動する新たな仮想通貨を開発する動きが出てきている。

ブームは終わったが仮想通貨の普及は少しずつ進んでいる - 相次ぐ大手参入や独自仮想通貨発行

2017年は仮想通貨が世界的な大ブームになった年だった。そして2018年が明けると仮想通貨価格は天井をつけ、その後暴落。仮想通貨のブームは一旦終わりを告げた。 しかしブームが終わっても、仮想通貨自体の普及は少しずつだが進んでいると見られる。

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンス (Binance)で緊急メンテナンス - 仮想通貨「SYS」が異常高騰、取引・出金共に停止後はAPIリセットを告知

中国資本の世界最大級の取引所バイナンス(Binance)が、4日早朝から緊急メンテナンスに入った。市場ではハッキング事件があった観測も流れている。 Binance 公式サイト バイナンスは中国資本の仮想通貨取引所で、香港 …