XM(XMTrading)の口座タイプは、どれを選んでいますか?- みんなで海外FXのTwitterアンケート結果発表

海外FX業者のXMで、みんなに一番人気の口座タイプを知っていますか?Twitterアンケート結果でご確認下さい

みんなで海外FXのアンケート調査にご参加いただいた方、本当にありがとうございました! アンケート内容は、「XM(XMTrading)の口座タイプは、どれを使用していますか?」でした。 XMで、今みんなに選ばれている人気口座タイプのランキングと、口座タイプの違いを解説します。

海外FXの英語利用規約を、ポイント日本語解説! - XM (XMtrading) 口座開設ボーナス 3,000円

海外FXで一番人気の「XM (XMTrading) 口座開設ボーナス 3,000円」の利用規約のポイントを、英語から日本語に訳して解説します。

一番人気の海外FX業者のXM (XMTrading, XMトレーディング)が提供する「口座開設ボーナス 3,000円」の利用規約を確認しましょう。 通常、XMの口座開設ボーナス 3,000円の利用規約は、英語 (英文)です。 ここでは、英語の利用規約にある注意点などの重要なポイントを、分かりやすい日本語に訳して解説します。

XM (XMTrading)の「XM Zero口座」の魅力を、3つのポイントから解説します。

誰でも分かる、XM (XMTrading)の「XM Zero口座」が選ばれる3つの理由!

XM (XMTrading)のリアル口座には、3つ口座タイプがあります。 その中でも、唯一、取引手数料が発生する口座が、XM Zero口座 (XMゼロ口座)です。 XM Zero口座を利用するメリット・魅力を、XMの他の口座タイプ等と比較しながら解説します。

海外FX会社のXMTradingの最大レバレッジは、888倍! ハイレバのすごさとメリットを徹底解説!

XMの取引環境の要であるレバレッジについて、その魅力と特徴を詳しく解説します。

XM (XMTrading)なら、レバレッジを最大888倍まで設定可能です。 25倍以上のハイレバレッジとなります。 ここでは、その888倍という大きさの威力を、これからFXを始めたいという方も理解できるように、分かりやすく解説しています。

XMの「マイナス残高リセット」という、損失制限の機能を詳しく解説

マイナス残高リセットの適用で、入金額以上の損失は発生しません。

FXトレードなどの金融商品の証拠金取引では、レバレッジという、少ない投資資金 (元本)で、その何倍もの額の商品売買取引が出来る仕組みがあります。 つまり、投資資金以上の金額を取り扱うことで、利益獲得時は大きな利益となりますが、場合によっては...

なぜ、海外FX業者 XM (XM Trading、エックスエム)が「安全安心」とおススメされるのか?その理由とXMのメリットを徹底解説!

XMのライセンス、資産管理、出金拒否の噂を正確に解説します

XM (エックスエム、XM Trading)は、Trading Point (Seychelles) Limitedが運営する人気の海外FX業者です。XMは、国内FX業者に対して海外FX業者と呼ばれています。 XMは、様々な金融ライセンスを保有し世界中の国や地域に対して海外FXのサービスを提供し...

XMのスプレッドは低いの? XMのスプレッドを他社と比較してみました。

日本人に人気の海外FX会社「XM」の魅力に、取引環境から迫ります!

XMには、3つの口座タイプ (口座種類)があります。 中には、スプレッドゼロのXMZero口座 (XMゼロ口座)もあります。 ただし、取引手数料が発生するため、一辺倒に、スプレッドゼロで、低コストの取引環境 (取引条件)と断言できません。 ここでは、スプレッドを、ドル円を基準にして、XMの各口座タイプと、さらに他の海外FXで比べて評価しました。

多くの海外FX会社で、ライセンス毎にWebサイトが異なりますのでご注意ください

同一FX会社でも日本語サポートの有無など、サービスが異なる

海外FX会社のWebサイトで、日本語への切り替えが出来ない、いつもとサービス内容が異なるなどの違いで、戸惑った経験はありませんか? 海外FX会社特有のライセンスおよびレギュレーションの理由から、同一ブランドで異なるWebサイトを展開しているケースがあります。 特に、XMおよびFBS、IronFXをご利用の際はご注意ください。

XM (XMTrading)の入金・出金方法「仮想通貨」「クレカ」「銀行送金」「eウォレット」全てを徹底比較!

手数料や便利さ、安心感から、どれが最適な入出金方法か選択しませんか?

「入金はデビットカードが有利」、「出金は 2万円以上で、銀行送金が手数料が一番お得」などのやり繰りからの視点だけではなく、実際に普段から安心利用できている方法から比較して、入金と出金を考えてみませんか?