Easybitz (イージービッツ)より名前を変え、2014年より運営されているPaxfulのご紹介です。

Paxful (パックスフル)では、ビットコインを手軽に購入したり売却することができます。

また、Paxfulは取引所を自称してはいますが、Paxfulが提供するのは信用取引やレバレッジ取引ではなく、人対人のビットコイン売買です。そのためPaxfulは、ビットコイン販売所と呼ぶ方が正しいかもしれません。(英語圏では、マーケットプレースとも呼ばれます。)

※Easybitzでの検索結果に並ぶEasybitsという末尾違いのソフトウェアの話題はスパイウェアのことで、EasybitzおよびPaxfulとは関係がありません。

様々な決済手段でビットコインが購入できる

Paxfulは、販売所としてメリットを最大限に活かすことも目的に、電子マネーやオンライン・ウォレットをはじめとする様々な決済手段に対応しています。

Paxfulでは、PayPalやクレジットカードはもちろん、AmazonギフトカードやiTunesギフトカード、計150種類以上の決済手段でビットコインを購入できます。(いくつかの決済手段は米国在住者限定です。)

Paxfulは、残念なことに日本語未対応ですが、インターフェースはそれほど難しくありません。

手元にある使い道のないギフト券や行き場のないオンライン・ウォレット残高のビットコイン交換先をお探しであれば、Paxfulでのビットコイン両替を試してみてはいかがでしょうか

よくある質問

Paxfulの口座開設は無料ですか?

Paxfulで取引口座を開設するにあたって、料金はかかりません。

Paxfulは、パックスフルと読みます。

Paxfulは、 アメリカ合衆国を登録拠点とする仮想通貨取引所です。登録住所は、3422 Old Capitol Trail PMB# 989 Wilmington DE 19808 USAです。

Paxfulは、日本語に対応していません。Paxfulが日本語に対応した際は、会社情報ページにてお知らせします。

Paxfulでは、金融ライセンスや許認可を保有していません。金融ライセンスや許認可の登録状況の更新があった際は、Paxfulの会社情報ページにてお知らせします。

Paxfulは、アメリカ合衆国に登録を置く仮想通貨取引所です。Paxfulは、2014年に営業を開始した金融会社です。 Paxfulでは、Bitcoin、仮想通貨などを取引することができます。