サポートラインは下値支持線、レジスタンスラインは上値抵抗線とも呼ばれます。

サポートラインとレジスタンスラインの引き方は様々です。ライン作成時には、過去の価格・区切りのいい数値(100、10など)が重要になります。

トレンドライン

日足・週足の時間幅で引かれた(下降・上昇)トレンドラインに、チャートラインが近付いてくると、価格が反発する可能性が高まります。

 

過去の高値と安値

過去のレジスタンス・サポートラインの位置は、多くのトレーダーが確認する視点でもあります。トレンドラインと同様に、価格の反発の可能性が高いラインです。

trend line

 

移動平均線

移動平均線をチャート上に重ね合わせた際に、そのラインがサポート・レジスタンスラインになることも多々あります。

 

下降トレンドでも上昇トレンドでもサポートとレジスタンスが存在します。これらのラインは、代表的なテクニカル指標の一例です。必ずしもサポートとレジスタンスラインにて、価格が反発するとは限りません。

人気ランキングへ