テクニカル・ファンダメンタル分析に頼らず、チャートの上がり調子、下がり調子の数秒、数十秒に注文・決済を行い、比較的少ない利益ながらも確実な利益確保を目指す取引手段です。

FX・CFDのスキャルピングとは何ですか?どんな取引手法ですか?一般的に禁止されている方法ですか? 目次

  1. 注文後、数秒程度で決済させる取引方法
    1. 一部の海外FX業者では、スキャルピング禁止

注文後、数秒程度で決済させる取引方法

スキャルピング(Scalping)とは、注文から数秒、数分程度で注文・決済をして確実な利益獲得を狙うFX・CFDの取引方法です。

スキャルピングは時間にして数秒から数分程度なので、上り調子の市場価格を確認したらスグに注文を行い、数ピップ程の値上がりで即決済をさせることになります。

スキャルピングの場合、トレーダーはチャートに張り付いて注文・決済の作業を瞬時に行いますので、チャートの動きから予測するテクニカル分析や社会情勢などから予測するファンダメンタル分析を行う必要がありません

少ない資金で利益の獲得率が上がる、比較的に簡単で単純な方法です。

スキャルピングに対して、数時間の間隔で売買を行う取引はデイトレード、数日から数週間などの長期的な取引はスイングトレードと呼ばれます。

一部の海外FX業者では、スキャルピング禁止

スキャルピングを行うことは取引量が増えることにつながり、海外FX業者側のサーバーやシステムに負荷がかかるため、海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)によっては禁止しています。

例えば、iFOREX(アイフォレックス)ではスキャルピングは禁止です。

XM(XMTrading)Axiory(アキシオリー)などの多くの海外FX業者でスキャルピングは出来ます。

海外FX口座の一覧 コチラ