スポットあるいはスポット日は取引の売買日から2営業日後のスポット取引バリュー日のことを指します。

祝祭日、週末または当該通貨ペアが代表する国が銀行休業日であるときは、スポット日は銀行が開く次のバリュー日まで延長され調整されます。

FXを取引を行なう上では、あまり耳にしないこの2営業日(T+2)ルールですが、ロールオーバーの際の価格差の計算などに必要となる知識です。

人気ランキングへ