現在の価格をもとにした損切り値の「幅」を設定することです。ロスカットは値ですが、トレーリングストップは「幅」のため、価格が利益拡大方向に動くと合わせてロスカットされる値が変化します。

kaigaifx-mt4-metatrader4-trailing-stop

トレイリング・ストップとは?

トレイリング・ストップは、損失の拡大を防ぐ損切りの機能の一つです。

*1 トレイリング・ストップは、英語でTrailing Stopです、トレーリングストップとも表現します。

オープンポジションでトレイリング・ストップを設定すると、為替レートの変動に追従して、損失の拡大を防ぐ損切りされる価格が変わります

「トレイリング・ストップ」と「決済逆指値(S/L)」の違い

トレイリング・ストップでは為替レートの変化によって損切りの価格が変わるため、新しい注文時に設定する「決済逆指値(S/L)」とは違います

「トレイリング・ストップ(トレーリングストップ)」と「決済逆指値(S/L)」の違いを下記にまとめます。

トレイリング・ストップ 決済逆指値(S/L)
どんな機能? 利益の確保と損切り 損失拡大を防ぐ損切りのみ
どんな設定内容? 最新価格に応じて損切りの価格が変化(変動) 損切りの価格は常に一つ(固定)
いつ使う? 上昇トレンド/下降トレンドのとき トレンドに関係なく、いつでも
設定できる金額の幅は? 制限なし(単位:ポイント) 制限なし(単位;円など法定通貨)
いつ・どこで設定する? 発注注文後に右クリックで 発注注文時の注文ウィンドウで
いつまで有効? MT4を閉じるまで 決済されるまで
*2 MT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)では、「トレイリング・ストップ」と表示されます。MT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)では、「トレーリングストップ」と表示されます。どちらもターミナル/ツールボックス内の取引タブにあるオープンポジション上で、右クリックすると表示されます。

トレイリング・ストップを使う理由(利点)

通常の損切りを行う「決済逆指値(S/L)」は、ある一つの価格を設定し、その固定した価格より大きな損失が発生することを防ぐことが目的です。

*3 S/Lは、Stop Loss(ストップ・ロス)の略です。

それに対して、「トレイリング・ストップ(トレーリングストップ)」では、最新の為替レートとの損失幅を設定します。

つまり、為替レートが利益の出る方向に動いた場合、トレイリング・ストップによる損切りの価格は為替レートと同時に動きます

トレイリング・ストップは上昇トレンドや下降トレンドがわかりきっている相場(市場)で、利益を確実に確保したいトレーダーに適した損切りの機能です。

買い注文におけるトレイリング・ストップの例

買い注文の場合、為替レートが上がり続ける限り、利益が拡大していきます。

*4 買い注文は、安い価格(BUY、Ask)で買って、高い価格(SELL、Bid)で売ると利益が出る注文です。ロングポジションとも呼ばれます。

ただし、為替レートが上がった後に下がった場合は、どうでしょうか?

単純な決済逆指値(S/L)の設定なら、最初に設定した損切りの価格に達するまで決済がされませんので、決済逆指値(S/L)で決済した場合には必ず一定の損失が発生することになります。

ここで、もしトレイリング・ストップ(トレーリングストップ)を設定していた場合、損切りの価格が為替レートに追従して変化しています。

そのため、これまで上がり続けた価格に合わせてトレイリング・ストップによる損切りの価格も上がり続け、一度でもトレイリング・ストップで設定した価格分だけ下落すると、決済がされます

つまり、トレイリング・ストップによって、最小の損失で、確実にそれまで獲得した利益を確保できます。

*5 トレイリング・ストップは、売り注文(ショートポジション)でも利用できます。為替レートが下がり続ける限り損切りの価格が下がり続けて、そして為替レートが設定した幅の分だけ上がった時に損切りされます。

トレイリング・ストップの欠点・注意点

MT4・MT5のトレイリング・ストップ(トレーリングストップ)を使う際は、次の3つのポイントを理解しましょう。

  1. 損失を抑えた確実な利益確保でも、一瞬のブレに弱い
  2. トレイリング・ストップの設定単位「ポイント」に注意
  3. トレイリング・ストップはMT4を閉じたら設定が無効化

1.損失を抑えた確実な利益確保でも、一瞬のブレに弱い

トレイリング・ストップ(トレーリングストップ)は、確実に利益の獲得ができて、損失を最初にコントロールできるメリットがあります。

そのため、注文後にトレイリング・ストップの設定というひと手間の工夫が必要ですが、海外FXが初めてのトレーダーなど初心者こそ使用してほしい注文オプションの一つです。

ただし、トレイリング・ストップにも弱み(デメリット)があります。

仮に上昇トレンド(ブル、Bull)や下降トレンド(ベア、Bear)などのトレンドにあるチャートでも、一瞬大きく値を下げたり上げたりすることがあります。

一瞬でも、一時的に価格が利益とは反対に不利益なほうに振れて、その一瞬の落ち込みの際にトレイリング・ストップで設定したに損切りの価格に達した場合は、決済されて、そのあとの利益獲得を逃すことになります。

*6 トレイリング・ストップの損切りの価格は、利益が獲得できる有利な方向にチャートが動いている限り、チャートにあわせて変化し続けます。ただし、トレイリング・ストップの損切りの価格は、損失を被る不利益な方向にチャートが動く際に動きません。

トレイリング・ストップの損切り価格 買い注文 売り注文
チャートが上昇すると チャートに合わせて上がる (変化なし)
チャートが下落すると (変化なし) チャートに合わせて上がる

FXチャートのトレンドとは?

2.トレイリング・ストップの設定単位「ポイント」に注意

kaigaifx-mt4-metatrader4-trailing-stop-points

トレイリング・ストップの設定は、価格やPips(ピプス、ピップス)ではなく、Points(ポイント)です。

1ポイント(1 Point)= 0.1 pips(0.1ピプス)

25 pipsの幅でトレイリング・ストップ(トレーリングストップ)の損切りの価格を設定したい場合は、250 pointsで設定します。

MT4でのトレイリング・ストップの設定方法

トレイリング・ストップ(トレーリングストップ)の設定手順は、以下の通りです。

  1. 新規注文をして下さい
  2. ターミナル(Terminal)の取引タブにあるオープンポジション上で、右クリックして下さい
  3. トレイリング・ストップ(Trailing Stop)を選んで、ポイント幅を設定して下さい

トレーダーの希望に合わせてポイント幅を選択するだけで、トレイリング・ストップの設定は完了です。

XM(XMTrading)のMT4のトレイリング・ストップの設定値

海外FX業者 XMTrading(XMトレーディング、XM)のMT4では、下記のトレイリング・ストップの値が設定できます。

  • すべて削除
  • 無し
  • 40 points(4ピプス)
  • 140 points(14ピプス)
  • 240 points(24ピプス)
  • 340 points(34ピプス)
  • 440 points(44ピプス)
  • 540 points(54ピプス)
  • 640 points(64ピプス)
  • 740 points(74ピプス)
  • カスタム設定…

3.トレイリング・ストップはMT4を閉じたら設定が無効化

トレイリング・ストップ(トレーリングストップ)は、MT4およびMT5を閉じたら自動的に設定がキャンセルされます。

つまり、トレイリング・ストップを設定した後にPCなどを閉じてMT4が立ち上がっていない状態では、トレイリング・ストップの機能が働きません。

*7 また、トレイリング・ストップ(トレーリングストップ)は、設定後すぐに不利益な方向へチャートが動いた場合には適用されません。必要に応じて、注文時に決済逆指値(S/L)の設定をして下さい。

MT4に関係するページ一覧