ロスカットとストップアウトは同じ

海外FXで使われる用語「ロスカット(Loss Cut)」と「ストップアウト(Stop Out)」は、FX業者の間では同じ意味を示します。

ストップアウトを強制ロスカットと呼ぶトレーダーもいますが、強制ロスカットは自信でトレードをしないアフィリエイターやブロガー間で広まった造語です。

ロスカットされるとは、強制決済されるという意味

ロスカット(ストップアウト)とは、強制決済という意味です。

設定された取引口座内の必要証拠金維持率を下回ると、自動的に強制ロスカットされます。

設定された必要証拠金維持率を確認

設定された必要証拠金維持率は、ロスカットラインやストップアウトレベル呼ばれ、パーセンテージ[%]で表示されます。

また、海外FX業者(海外FX会社、海外FXブローカー)および各口座タイプで、設定値は異なります。

オープンポジションを持って含み損が増えるとロスカットが執行され、全てのポジション(建玉)が強制的に決済(クローズ)されます。

国内FXにも海外FXにもあるオプション

ロスカット(ストップアウト)による自動的な強制決済は、国内FX業者および海外FX業者で設定されている決済オプションです。

ロスカットラインは低いほうがいいの?

次に解説するゼロカットシステムを採用している海外FXでは、ロスカットラインは低いほうがいいとされます。

20%など、ロスカットラインが低いとより多くの含み損に耐えれることが出来るために、ギリギリまで取引できて資金の運用効率がいい為です。

急激な市場の変化に対応できない場合も

ロスカットは含み損により一定の資金を失った時点で強制決済される仕組みですが、必ずしも設定されたラインで実施されるとは限りません。

急激な市場の変化では、対応しきれないこともあります。

スイスフランショックなどで、ロスカットによる強制決済注文が約定できず、スリップし、借金を抱えたトレーダーがいたのは有名な話です。

ゼロカットとは、追証なしの意味

ゼロカットとは、海外FX会社では共通の「追証なしのルール(追加証拠金の支払い不要)」のことを意味します。

強制決済を意味するロスカットに対して、ゼロカットは追証なしを宣言する機能です。

トレーダーが入金額以上の損失を被らないように、損失を限定してトレーダーを保護するために設定されています。

マイナス残高になった口座残高をリセット

海外FXのハイレバレッジ取引でトレーダーが大きな損失を被って取引口座内の残高が「-100万円」などのマイナス残高」になっても、ゼロカットシステムがある場合は、追証を支払う必要がありません。

ゼロカットがある場合は、残高が0円にリセットされます。

FX初心者には、ゼロカット対応の海外FX業者なら安心して取引に集中できるため、ゼロカットシステムを採用する海外FX業者はおすすめです。

各社で違うゼロカットの呼び方・プロセス

海外FX業者の多くがゼロカットを採用していますが、各社でその呼び方は異なります。

  • マイナス残高保護機能
  • NBP(Negative Balance Protection)
  • ネガティブバランスプロテクション
  • ゼロリセット
  • ゼロカットシステム
  • 損失補填(損失補てん)など

また、そのプロセスも大きく異なります。

  • 数時間後に自動的に残高が0円になる
  • カスタマーサポートへ問い合わせが必要
  • 追加入金が必要
  • リセットボタンをクリックする など

その海外FX業者がゼロカットを採用しているかどうかは、海外FX業者のアクセスランキングの「ゼロカット対応」というマークで簡単に確認できます。

ただし、最新情報は各社の公式サイトでご確認下さい。

海外FX業者 ランキングはこちら

ロスカットが設定されていても急激に市場価格が変動する場合には、取引口座内の残高がマイナスに転じることは多々あります。

ゼロカット対応の海外FX業者に場合、そのマイナス残高分の損失補填を全て各海外FX業者が負担してくれます。

FXのマージンコールとは?