個人が参加できる外国為替取引としては、「外貨預金」「外貨建てMMF」などと呼ばれるものが一般的でしたが、最近急速に広がりをみせている「外国為替証拠金(保証金)取引」というものもあります。

外貨預金

日本円を外貨に交換して預け入れる預金のことで、円の預金と同じように普通預金や定期預金があります。

外貨預金における金利はその外貨の属する国のものが適用されます。したがって、現在のように超低金利が続く日本よりは高い金利を得ることが可能な場合もあります。

また、為替相場の変動による為替差損益が発生するため、金利以上の利益を得る場合もありますが、逆に損失を被る場合もあります。

TTSレート/TTBレート

img01

銀行などの金融機関が顧客に外貨を売るときの相場を「TTS(対顧客電信売相場)」、買うときの相場を「TTB(対顧客電信買相場)」といいます。

例えば、銀行が顧客に米ドルを売るときのTTSが111円、顧客が米ドルを日本円に換えるときのTTBが109円、その間の110円が銀行間の取引 レートで「仲値」といいます。

つまり銀行は、このケースでは売り買い1円ずつ、合わせて2円の為替手数料を取って取引しています。

外貨建てMMF

MMFとは、マネー・マーケット・ファンドのことで、(日本ではマネー・マネージメント・ファンド。意味は同じ)投資信託の一種です。

投資信託とは、文字 通り「投資」を「信託」する(任せる)ということで、証券会社などの販売会社が多くの投資家から資金を集め、それを運用会社がいろいろな方法で運用して得た収益を投資家に還元するというものです。

外貨建ての場合、投資の対象が外国の金融商品になります。利回りは運用の実績によって変化します。

外債

発行体が外国で資金調達するために発行する債券のことで、一般的に発行者が外国籍であるか、発行場所が外国であるか、購入や利払い、償還が外貨で行われるかの、いずれかに当てはまるものを外債と呼んでいます。

外国の発行体が日本国内で発行した外貨建て債券を「ショーグン・ボンド」、外国の発行体が日本国内で発行した円建ての債券を「サムライ・ボンド」と呼びます。

外国為替証拠金(保証金)取引

証拠金(保証金)取引とは、取引会社に取引総額の一部を担保として預けることにより、少ない資金で多くの額の取引が行える(レバレッジ効果)という仕組みです。

外国為替証拠金(保証金)取引の場合は通常5〜10%程度の証拠金(保証金)を預けることで、その10倍以上の取引が可能になります。

img02

例えば、1ドル100円の時に10万ドル買うには通常1000万円の資金が必要になりますが、証拠金(保証金)としてその一部の100万円(金額は 一例)を預けていれば、「10万ドル買う」という注文ができます。

もしその後相場が推移して、「1ドル110円で10万ドル売る」という注文が成立すると、(110円−100円)×10万ドル=100万円の利益を得ることになります。

実際には手数料等が必要となりますが、100万円の資金で100万円の利益を得るというように資金効率の高い運用が可能になります。