外貨投資のメリット

高い金利

お金を運用する時に金利はとても重要です。金利が高いと利息による収入が多くなるからです。

しかし、この超低金利時代のどこに高い金利があるのでしょう?実は外貨投資ならば、4%や5%など、今の国内では考えられない金利水準が存在するのです。これが、外貨投資によるメリットのひとつです。

為替変動で利益

外貨投資では日本円を外貨に換えた(両替)ときと、外貨から日本円に戻したときの金額の差でも利益を得る機会があります。

例えば、1ドルが100円の時に100万円をドルに交換したら1万ドルになります。その後、円安になって1ドルが110円になったとします。このときに1万ドルを円に両替すると110万円になります。この10万円の利益(実際には為替手数料がかかります)のことを「為替差益」といいます。

外貨投資の注意点

円高になると逆に「為替差損」となるので注意が必要です。

また、ニュースで報道される為替レートは、金融機関同士が取引するレートです。私たちが取引する際は「為替手数料」を加味した為替レートを使うことになります。例えばドルの為替手数料が1円の場合、1ドルが100円なら、ドルを買う時は101円、売る時は99円となります。つまり購入してから売るまでに2円以上円安にならないと損(為替差損)となります。

手数料は金融機関や通貨によっても異なります。いくら金利が高くても、あまり頻繁に売り買いしてしまうと、かえって為替手数料がかさんでしまいます。注意しましょう。

外貨投資での分散投資

外貨投資をすると決めたからといって、一度に全部投資してしまうのは考え物です。

例えば、外貨を一度に購入した時に、大幅な円安になれば、大きな利益(為替差益)を得ることができます。ところが反対に、大幅な円高になって損する(為替差損)可能性も十分あるのです。

そこで、外貨を購入する場合は、一度にまとめて購入せずに、買う時期を何回かに分けるのが効果的です。

購入時期を分散することで、購入金額全体でみれば為替の影響を分散させることができます。

外貨投資は様々な国の通貨で行うことができます。

米ドルのほかにも、ヨーロッパの統一通貨「ユーロ」や、高い金利が魅力的なオーストラリアの「オーストラリアドル」、ニュージーランドの「ニュージーランドドル」など、複数の通貨をもつことも「為替リスク」の軽減につながります。

というのも通貨が異なれば、それぞれ金利と為替の動きが異なるからです。もし米ドルが円高(損する)になっても、他の通貨が円安(得する)になっていることもあります。

複数の通貨を持つことで、より分散投資の効果を高めることができるのです。

外貨MMFとは

外貨MMFのMMFとはマネー・マーケット・ファンドの略で外貨建ての債券を中心に組み入れた「投資信託」です。

外貨MMFは、高い格付けの債券やコマーシャル・ペーパーといわれる優良企業が短期資金を調達する為に発行する無担保の約束手形といった短期金融商品を中心に運用され、安全性を高めた運用を目指す商品です(ただし、元本を下回る可能性があります)。

満期がなくいつでも換金できるという商品性から、他の外貨建て金融商品の購入資金となる外貨を一時的に預けたり、受け取った償還金や売却代金を外貨のまま受け入れたりと、非常に利用価値が高い商品です。分配金は毎日計算され、月末再投資(1か月複利効果)なので効率的な運用ができます。少額から取引できる点も魅力的で「外貨預金」に近い商品性があります。

外貨投資と外貨MMFの違い

外貨MMFと外貨預金の商品性を比べてみましょう。まず、外貨預金は預けた銀行が破綻した場合は全額返済されるとは限りません。一方、外貨MMFは運用会社が破綻しても投資家の財産は分別保管されているので保護されます(ただし、元本が保証されている訳ではありません)。

外貨定期の場合、満期前に解約すると利率が外貨普通預金か、それ以下の利率になるというペナルティーがあります。一方、外貨MMFには満期がなく、いつでも手数料なしで換金できます。また、外貨MMFは外貨定期のように利率が固定されないので市場金利を反映した投資成果(分配金)を得ることができます。