海外のFX会社は、年末年始でも三箇日にかかわらず営業しているFX会社が多くありますが、スプレッドが拡大せず、注文にも支障がないNDD/STPの海外FX会社は存在しません。

年末年始は、相場は閑散期となり極端に流動性(市場の取引参加者数)が減少します。市場がスカスカとなるため、取引が成立しにくくスプレッドも極端に広がります。

年末年始のホリデーシーズンに、特別な不具合なく取引ができるFX会社は、OTCのFX会社となります。

OTCのFX会社は、NDDではない(注文をのんでいる)ことがデメリットですが、市場環境に関わらず安定したレートが提供できるメリットを持っています。

それでもこの時期にFX取引をされたい場合は、NDD/STPが主流の(OTCブローカーの信用性が低い)海外FXではなく、厳しい規制下でOTC環境を提供する日本国内のFX会社をご検討下さい。

※みんなで海外FXでは、日本国内のFX会社は掲載していません。

日本国内のFX会社一覧は、次のリンク先(外部サイト)にてご確認ください。

日本のFX会社一覧