投資信託とは、多くの投資家からの小口資金を集めて大きな資金とし、これを投資の専門家の手にゆだねて株式や債券などの有価証券へ分散投資することによって得られた利益を出資の割合に応じて投資家に還元する制度です。

投資信託 初心者ガイド

投資信託のメリット

少ない資金で投資可能

通常、株式、債券などを個別に買う場合は、まとまった資金が必要になります。例えば、1,000円の株式を1,000株買えば、手数料を含めた約定代金は100万円を超えます。投資信託の場合、一般に、1万円以上といった少額の資金でも投資が可能です。

分散投資が可能

株式や債券などの有価証券は、銘柄によってさまざまな値動きをします。そのため、特定の銘柄だけに投資すると、大きく値上がりして利益を得られることもありますが、逆に大きく値下がりすることもあります。複数の銘柄に少しずつ分散して投資すれば、全体の値動きを比較的小さくすることができます。これを分散投資と言い、リスクを抑えた運用が可能になります。

専門家が代わりに投資

株式、債券などの有価証券で資金を運用しようとすると、一般に、かなりの程度の知識と経験が必要になると考えられます。投資信託では、皆様から集めた資金を1つにまとめ、投資信託会社が運用します。実際に運用を担当するのは、ファンド・マネージャーと呼ばれる運用のプロです。プロに運用を任せ、プロの経験と知識を活用して運用するため、より効率的な運用が期待できます。

投資信託の種類

投資信託、主たる投資対象によって、図のように「国内株式型」「外国株式型」「バランス型」「国内債券型」「外国債券型」「派生商品型」という分類ができます。

「今後伸びると思うのは国内か海外か」ということと、「ハイリスク・ハイリターン(株式型)かローリスク・ローリターン(債券型)のどちらがよいか」という2つの軸によって、自分の投資スタンスを決め、それに合った投資信託を選べばよいです。

投資信託の種類

投資信託のリスクとリターン

投資信託は株式・債券など値動きのある有価証券に投資します。したがって、元本が保証されている商品ではありません。リスクは、このように投資対象が値動きすることにより生じる損失の危険性です。

しかし、すべてのファンドが同じリスクを持っているわけではありません。株式を組入れた株式ファンドと公社債ファンドでは、一般に株式ファンドの方がリスクが高くなります。

一般的に、より高いリターンを上げるには、より高いリスクを許容する必要が出てきます。上述したように、株式を組入れた株式ファンドと公社債ファンドでは、 一般に株式ファンドの方がリスクが高くなりますが、高いリターンが期待できます。

期待するリターンとそれに伴うリスクを理解した上で、自分の資金性格や投資目的などをよく考慮し、自分に適した投資信託を選択することが基本となります。