FXのスワップは、各FX業者が採用している市場提供元(各国の銀行)が適用する変動金利にもとづいて発生します。

これらの変動金利(スワップ金利)は、2つの通貨間の金利差のことです。

スワップポイントは、低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで受け取ることができます。

※逆に低金利の通貨を買い、高金利の通貨を売るとスワップ金利分が差し引かれます。

各FX業者では、様々な国の通貨同士をペアにして取引することが可能なため、一概に日本国内での金利が下がることでFX取引が不利になるとは限りません。