いいえ、海外FX業者の口座であっても、週末は為替の取引はできません。

世界中で土曜日と日曜日は休場です。

FX通貨ペアは、月曜日から金曜日の5日間(平日)のみ24時間取引を行うことが可能です。

株式指数CFDや商品先物取引などは、それぞれの国の市場の開場時間や、ご利用のFX会社が接続している市場により取引可能な時間帯が異なります。

週末に取引できる口座はすべて呑み

週末は、株式もFXもほぼすべての市場がお休みです。

しかし、土曜日と日曜日の二日間、週末も取引ができるFX会社は、ごくまれに存在します。

その場合、その取引できるFX口座は相対取引(OTC、店頭取引、呑み口座)となります。

まっとうなOTCは、週末は休場

相対取引・OTCの口座であっても、通常はインターバンクのレートを参考にしないことには信用できるレートを配信できないため、週末は取引ができません。

市場提供元(リクイディティ・プロバイダ)は銀行や大手証券会社ですので、そうした機関も週末はお休みです。(独自配信することもできません。)

週末に取引ができる口座は非推奨

市場が空いていない期間に、世界の取引(レート)が停止しているにも関わらず取引ができるということは、FX会社の都合でレートが配信されるなどリスクの高い呑み口座となるため、みんなで海外FXではおすすめしません。