原則、口座情報は法規制により継続保有

海外FX会社独自のサービスや後述の条件に関する話を除くと、法律および規則の決まりで、トレーダーによる取引口座の完全な解約や削除は、困難です。

海外FX会社は、外国為替証拠金取引 (FX)や株価指数などの差額決済取引 (CFD)を提供するために、国や地域に応じたライセンスを取得したうえでサービスを行っています。

それらライセンスの規定で、海外FX会社 (海外業者 または 海外FXブローカー)が開設後の取引口座を、容易に削除することは出来ないように定められています。

セーシェルの例

例えば、セーシェルのライセンスである「FSA」では、最低7年は、口座情報を保有することが義務づけられています。

各社の条件次第では、口座の非表示可能

XM-Trading-FX-Forex-Account-New-Create-Delete-Remove-Cancel-All

日々多くの口座開設がされている海外FX会社では、不要な口座情報ばかりが表示されて、サービスの質が落ちることを防ぐためや、トレーダーの状況に応じて取引口座のクローズが行えるサービスを、一定のルールを決めて行っています。

次の表に、日本語で利用できる中でも特に人気の海外FX会社における口座解約・削除の要件をまとめました。

海外FX会社 口座「非表示」条件
XM
(エックスエム/XMTrading)
「口座を解約する」メニューから実行
または、残高0円、かつ90日間取引および入出金無し
FBS
(エフビーエス)
90日間以上の活動記録なし
iFOREX
(アイフォレックス)
[email protected]へ口座閉鎖の旨のメール
HotForex
(ホットフォレックス)
「Delete Account」メニューから実行
FxPro
(FXプロ)
[email protected]へ口座閉鎖の旨のメール
TICKMILL
(ティックミル)
残高10ドル以下、90日間のログイン無し

前述の通り、各ライセンスで、トレーダーに不利益が発生しないためにも取引口座の削除を海外FX会社が自由に出来ないように、口座情報は継続して管理されます。

そのため、上記では「非表示」と表現しており、取引口座の解約および閉鎖、キャンセル、取り消し、凍結などの意味が含まれます

海外FX会社一覧