海外FXでFXを始める方法や仕組みを教えてください。借金リスクを減らす方法やキャンペーンも知りたいです。 目次

  1. 海外FX初めての方には、口座開設ボーナスがおススメ
    1. 海外FXの最新の口座開設ボーナス一覧
  2. FXの仕組みと海外FXのメリット
    1. FXの基本1.チャートを見て、注文して決済するだけ
    2. FXの基本2.1万円以下の資金でも取引できる
    3. FXの基本3.アプリなどで、常に利益と損失が確認できる
    4. FXの基本4.平日の24時間、いつでもスマホで取引できる
    5. FXの基本5.ロスカット、スワップなどのFX用語の意味
    6. FXの基本6.決済して取引をやめたら、出金できる
    7. FXの基本7.無料で口座開設する
初めての方には、海外FXとは?というコラムもおススメです。ぜひあわせてご確認ください。

海外FX初めての方には、口座開設ボーナスがおススメ

海外FX業者の最新の口座開設ボーナス・未入金ボーナスの一覧 by みんなで海外FX

海外FXが初めてで不安を感じたら、口座開設ボーナスの海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)からチェックして下さい。

口座開設ボーナス(未入金ボーナス)とは、海外FX業者でFX口座を開設しただけでボーナスとして受け取れる証拠金です。

口座開設しただけで証拠金が受け取れるため、トレーダーはFX口座へ入金しなくても、実質無料で取り引きが始められます。

口座開設しただけと表現していますが、口座開設にはお客様本人確認のための書類提出も含みます。免許証などをスマホのカメラで撮ってアップロードするだけです。

口座開設ボーナス = プレゼントです。

口座開設ボーナスで取引を始めて利益が出たら、入金や取引条件などをクリアしたら出金できますし、もし反対に預託証拠金以上の損失がでてもボーナスを失うだけでトレーダーがお金を失ったり借金を抱えたりすることはありません。

多くの海外FX業者はゼロカット(追証なし)と呼ばれる、トレーダーが預託した証拠金以上の損失を被ることがないシステムを採用しています。FXでは取引を始めて予想と違う方向に行ったときに損失が発生する可能性がありますが、ゼロカット対応の海外FX業者なら、その損失でトレーダーが預託した証拠金を失うことはあっても、借金まですることはありません。

FXが初めてなら、ゼロカット対応の海外FX業者で口座開設ボーナスを受け取ってタダでFXを始めて下さい

海外FXの最新の口座開設ボーナス一覧

以下は、海外FX業者が提供している最新の口座開設ボーナスの一覧です。


口座開設ボーナスは、入金をしなくても貰えるボーナスということで未入金ボーナスとも呼ばれます。

期間限定のボーナスもあります

いま受け取れる最新の口座開設ボーナスは、みんなで海外FXのトップぺージの未入金&口座開設ボーナスの欄をご確認ください。

トップぺージはこちら

FXの仕組みと海外FXのメリット

FXの取引の仕組みは簡単・シンプルです。

海外FXの口座開設ボーナスというお得な新規口座開設キャンペーンで、実際にスマホなどで取引をしながら無料でFXの仕組みを学ぶことも出来ます。

ここでは、海外FXのメリットも理解した上で、FXの取引が出来るように取引の方法から仕組みまで分かりやすく簡単に解説します。

FXの基本1.チャートを見て、注文して決済するだけ

FX取引プラットフォーム MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)の使い方マニュアル。新規注文をする方法

FXは、パソコンだけでなくスマホ(スマートフォン)やタブレットのモバイルアプリでも取引できます。

取引は、ドル円(USDJPY)などのこれからの値動きを予測して行います。

取引のやり方は簡単で、注文(トレード)をして、決済(ポジション決済)をするだけです。

注文をして決済すると、値動きに応じた利益または損失が決定します。

価格が上がるならBUYを押す。価格が下がるならSELLを押す

FXの注文にはいくつか種類がありますが、結局は買い注文売り注文の2種類のどちらかでしかありません。

注文をするボタンどんな時にする注文?
買い注文BUYまたは買いこれから価格が上がると予測した時にする注文
売り注文SELLまたは売りこれから価格が下がると予測した時にする注文

指値注文(さしねちゅうもん)逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)と呼ばれる複雑な予約注文もあります。

FX取引プラットフォーム MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)の使い方マニュアル。ストリーミング注文、Buy Sell Limit Stop。注文の種類

特定の価格の時に取引が始まる予約注文でも、買い注文か売り注文のどちらかでしかありません。

決済ボタンを押すと、利益または損失が確定する

FX取引プラットフォーム MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)の使い方マニュアル。注文の決済方法

FXで買い注文または売り注文をだしたら、後は決済(ポジション決済)するだけです。

注文した後に決済をするまでの間は、注文をしている(オープンポジションを持っている)限り、損益が毎秒動きます。

注文を決済をすると、毎秒毎分単位で大きく変化する損益が確定します。

FXでは注文をポジションと呼びます。注文をしていることをオープンポジションやポジションを持つと言います。そして、注文を決済することを、ポジションをクローズと言います。

FXの基本2.1万円以下の資金でも取引できる

FX取引プラットフォーム MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)の使い方マニュアル。入金を確認

FXの注文方法も決済方法も簡単ですが、証拠金と呼ばれる注文を出すために必要な投資資金の計算は少し複雑です。

実際に、ドル円を注文するために必要な証拠金(必要証拠金)は、以下の計算式で求められます。

取引ロット数 × コントラクトサイズ ÷ レバレッジ = 必要証拠金

注文時に、上記の計算を瞬時にすることは容易ではありません。

とりあえずは、海外FX業者や口座タイプで指定された最低入金額を入金して、0.01ロットなどの最小取引量の注文をしてみて下さい。

一般的な海外FXのトレーダーが1回に入金する金額は、2万円から3万円ほどです。

ハイレバレッジの海外FXなら、ワンコインで始められる

海外FX業者はハイレバレッジだから、ワンコイン投資などの少額で始められる

ここで、さっそく海外FXのメリットが出てきます。

海外FXでは25倍以上の100倍や1,000倍、それ以上のハイレバレッジが設定できます

先程の必要証拠金の計算式で分かるように、レバレッジの倍率が高ければ高いほど(必要証拠金率が低ければ低いほど)少ない資金の入金だけで大丈夫になります。

500円程度のワンコイン、さらにはワンコイン以下の入金で取引を始められたりします。

ハイレバなら、少ない入金額で大きな金額の注文ができる

ハイレバレッジはFXの必要証拠金を圧縮できると解説しましたが、反対に言うと、少ない投資資金で大きな金額の注文を出せるという意味です。

レバレッジの説明を分かりやすくするために、よく下記のように解説されます。

例)レバレッジ500倍なら、1万円の入金で、1万円 × 500倍 = 500万円の注文が出せる

より大きな注文を出すと、より大きな利益につながりますので、25倍より50倍、50倍より100倍という高いレバレッジのほうが1回の注文で大きな利益を獲得できます。

FXの基本3.アプリなどで、常に利益と損失が確認できる

FX取引プラットフォーム MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)の使い方マニュアル。リアルタイムの残高や利益、損失を確認

FXで注文を出したら、利益と損失が常に表示されます。

注文を出したら、パソコンやスマホアプリなどでリアルタイムに表示される損失と利益を見て、決済をして下さい。

1ピップス動きた時の利益とは?

FXで注文を出したら、注文ごとに利益と損失が常に表示されていますので、損益の計算式を覚える必要はありません。

しかし、よくFXの利益を「1ピップス稼いだ」や「1ピップス動いた」と、金額ではなくピップやピップス、ピプスで表現します。

ピップ/ピップスとは、価格の値動きを表す単位です。

ピップ/ピップスの意味

具体的には、下記のように1ピップスは0.01円のように決まっています。

1ピップスの価値
日本円0.01円
米ドル0.0001ドル
ユーロ0.0001ユーロ

例えば、ドル円なら0.01ピップス動いたら、0.01円の値動きがあったことを意味します。

例)100.00円から100.01円になったら、1ピップス動いた

ピップス(Pips)とは、ピップ(Pip)の複数形です。正確には1ピップスではなく、1ピップ(1 pip)が正しく、また2ピップス(2 pips)と表現するのが正しい表現です。さらにピップスではなく、ピプやピプスと表現することもあります。
ピップ/ピップスの利益

しかし、1ピップス動いたら、0.01円の利益というワケではありません。

1ピップスの価値を使って下記のように利益を計算します。

FXの利益と損益 =(決済時の価格 – 注文時の価格)÷ 1ピップの価値 × 取引ロット数 × 1ロットあたりの通貨量 × 1ピップの価値

繰り返しになりますが、上記の様に難しい計算をする必要はありません

注文をした後は、MT4やMT5などの取引ソフトに表示される注文ごとの損益を確認して下さい。

FX取引プラットフォーム MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)の使い方マニュアル。リアルタイムの残高や利益、損失を確認

それでも、初めに目安の損益を把握しておきたいというトレーダーは、下記参考の損益早見表をご確認下さい。

海外FXはゼロカット対応。借金が発生しない(追証なし)

多くの海外FX業者はゼロカットシステムで、ゼロカット対応!追証なし!借金リスクゼロ!

FXでは、レバレッジをきかせてトレーダーの自己資金より大きな金額の注文ができます。

特に海外FXではハイレバレッジが設定できますので、同じ証拠金でも特に大きな利益と損失が発生しやすいです。

それでも安心なのが、海外FXのメリットの1つであるゼロカットシステムです。

ゼロカットシステムとは、もしトレーダーが入金した金額以上の損失を被って口座残高が-10万円のようにマイナス残高になった場合、0円にリセットされる仕組みです。

国内FXでは、マイナス残高となった場合、トレーダーはその後も取引をする、取引をしないにも関わらず、マイナス残高を解消するために支払いをする必要があります。

マイナス残高になった場合
国内FXトレーダーはマイナス分の借金をかかえ、すぐに支払いをする
ゼロカット対応の海外FX海外FX業者が残高を0円にしてくれる

ゼロカット対応ではない海外FX業者の場合、マイナス残高解消のための支払い、いわゆる借金や追証(追加証拠金)の支払いが発生します。

借金リスクゼロでFXを始めたいなら、ゼロカット対応の海外FX業者を選んで下さい。

海外FX業者の一覧 – ゼロカット

FXの基本4.平日の24時間、いつでもスマホで取引できる

FXの取引は、基本的に平日の24時間いつでもできます

平日のいつでも注文が出せますし、平日のいつでも決済して取引を終了できます。

週末の土曜日や日曜日は取引できません。また、平日でも祝日(祭日)で一時的に取引できない日もあります。特にクリスマスや正月などの年末年始やゴールデンウイークなどの祝日が連続する大型連休は注意が必要です。

ドル円以外に、原油も金も日経平均株価も株式も取引できる

FX業者やFX会社、FXブローカーと言いますが、取引できるのはドル円などのFX通貨ペアだけではありません。

  • ドル円やユーロドルなどのFX通貨ペア
  • 金や銀、プラチナなどの貴金属(メタル)
  • 原油や天然ガスなどのエネルギー
  • 日経平均株価やダウ平均株価などの株価指数(インデックス)
  • 大豆やココアなどのコモディティー(商品)
  • ビットコインやリップルなどの仮想通貨 など

海外FX業者ならビットコインなどの仮想通貨も取引できる

最近では、ビットコインやリップルなどの仮想通貨(暗号資産)のCFD銘柄を取う海外FX業者も増えてきました。

ビットコインを100倍などのレバレッジで、さらに0.01 BTCなどの少額から取引できたりします。

仮想通貨FXビットコインFX、仮想通貨CFDと呼びます。

仮想通貨を取引しても、ゼロカット対応の海外FX業者なら借金は発生しません。

FXの基本5.ロスカット、スワップなどのFX用語の意味

FXの取引はここまでの知識でも十分始められますが、FXでよく使われる言葉も把握しておいてください。

スプレッドとは、BUYの価格とSELLの価格の差額

スプレッドとは、買い値と売り値の差額です。

買い値 – 売り値 = スプレッド[ピップス]

スプレッドは、1ピップスや2ピップスなど、ピップスをつかって表現します。

スプレッドは狭いほうがイイ取引環境と評価されます。

ロスカットとは、負けが続いた時に実行される強制決済

ロスカットとは、注文の強制決済のことです。

FX業者および口座タイプごとにロスカットレベルと呼ばれる証拠金維持率が決まっています。

注文を出した後に、表示される証拠機維持率がロスカットレベルを下回ると、注文が順番または一斉に決済されます。

注文をだすと証拠機維持率という項目が表示されますので、証拠機維持率がロスカットレべルを下回らない様に、注文を部分決済したり、入金したりして管理する必要があります。

ロスカット(Loss Cut)は、ストップアウト(Stop Out)と呼ぶこともあります。

スワップとは、次の日まで取引をした時に発生する金利差

スワップとは、金利差のことです。

基本的に全部の銘柄で、スワップポイントがきまっており、注文をだすとスワップポイントに応じ利益や損失が発生することがあります。

スワップは一般的に翌日まで注文を決済せず、持ち越した場合に発生します。

スワップポイントは銘柄ごとにも違いますし、買い注文と売り注文でも違います。

銘柄によっては、買い注文でも売り注文でもスワップポイントが-1などのマイナススワップで、注文を翌日まで持ち越すだけで毎日、残高が減ることもあります。

FXの基本6.決済して取引をやめたら、出金できる

FXの取引は、注文を出して、決済まで終わったら、利益または損失が確定して終了となります。

無事に利益が出たら、基本的にいつでもFX口座から出金できます。

出金とはFX口座からトレーダーのもつ銀行口座やクレジットカードなどへの資金の送金です。

クレカやATMを使った銀行口座で入金も出金もできる

海外FX業者は海外サービスですが、下記の様な方法で入金も出金もできます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • オンラインウォレット(電子決済サービス)
  • 銀行送金
  • 仮想通貨

VISAやMastercard、JCBなどのクレジットカードも使えますし、ATMでの銀行振り込み(国内銀行送金、国内送金)でも入金できたりします。

ただし、海外FX業者によって入金方法と出金方法はそれぞれ違います。

クレカの出金制限などの海外FX独自の出金ルールに注意

ただし、海外FX業者では、複数の入出金方法(決済手段)にい対応している代わりに、出金ルールが存在します。

出金制限の例
クレジットカード入金額より多い金額は出金できない
デビットカード入金額より多い金額は出金できない
プリペイドカード入金額より多い金額は出金できない
オンラインウォレット出金額に制限なし
銀行送金出金額に制限なし
仮想通貨出金額に制限なし

海外FX業者ごとに出金ルールは違いますので、出金申請をする前にご確認ください。

FXの基本7.無料で口座開設する

まずは、FXの口座開設をしてみて下さい。

みんなで海外FXに掲載している海外FX業者では、口座開設は無料です。

口座開設をしただけで料金が発生する様な海外FX業者は、掲載していません

口座開設は5分もかかりません。

免許証や公共料金の請求書など個人情報を提出する

また、FXの口座開設時に、運転免許証などの提出を求められます。

必要書類の例
本人確認書類パスポートや運転免許証など
住所確認書類公共料金の請求書や住民票など
提出は、口座開設フォームや会員ページから、必要書類の必要な箇所をアップロードします。書類の郵送などは必要ありません。

書類の提出は、お客様本人確認のために必要な作業です。

スマホのカメラで撮影した写真でも大丈夫ですので、書類の提出のステップにきたら、すぐに提出して下さい。

海外FXの出金トラブルのほとんどは書類に関することです。そうしたことからも、みんなで海外FXでは、口座開設時にそのまま書類提出まで完了することをおススメしています。

参考:海外FXで必要書類を提出する理由。提出しなかった場合のトラブル例

口座開設ボーナスなら、口座開設後に無料で取引が始められる

海外FX業者の最新の口座開設ボーナス・未入金ボーナスの一覧 by みんなで海外FX

FXの基本が分かったら、口座開設外ボーナスのある海外FX業者を選んで口座開設して下さい。


みんなで海外FXに掲載している海外FX業者の多くは、日本語対応です。

日本語サポートのある海外FX業者なら、英語が苦手な方でも完全日本語で安心して問い合わせできます。

海外FXによるサービスの違いはありますが、FXの仕組みは同じです。

海外FXには、口座開設ボーナス以外にもお得な口座開設キャンペーンがたくさんあります。

世界中の海外FX業者があつまるみんなで海外FXでは、みんなで海外FX限定・公式タイアップのボーナスキャンペーンも豊富にあります。

みんなで海外FX限定口座開設キャンペーン!最大1万円の口座開設キャッシュバックボーナス!

\ みんなで海外FX限定ボーナス /

最大1万円キャッシュバック こちら