運転免許証を提出する際は、裏面も提出しましょう

自動車運転免許証の裏面メモには、免許証の記載事項に関する重要な変更履歴が記載されます。

そのため、提出される運転免許証の裏に>修正・変更事項が記載されていない場合でも、あわせて提出されてください

もし、海外FX業者の口座有効化ページの仕様で1つのデータしかアップロードできない(表面のみしかアップロードできない)場合は、もう一度裏面をアップロードするような対応をしましょう。

(まれに)住所の変更であれば不要な場合もあります

免許証の裏面に記載されている事項が、住所の変更についてであれば、裏面の提出が不要な海外FX業者(海外FX会社,海外FXブローカー)もあります。

運転免許証の裏面メモ部分の提出が不要となる理由は、住所確認を、身分証明書とセットで提出することになる「住所確認書類」で確認を行うためです。

ただし、住所確認書類は、正確な住所が記載されたものをご準備ください。

氏名の変更であれば必ずご提出をしましょう

ご結婚などで苗字が変更となっている場合などは、海外FX業者側で確認が困難になります。

氏名が変わる場合は、免許証の裏面も必ずご提出ください

海外FX業者では、書類の不備で審査落ちはありません

仮に、海外FX業者への提出書類内に不備があっても、口座開設の審査に落ちることはありません

いづれの海外FX業者でも、不備があった場合には、不備があったという事実と追加で何の情報が必要となるのか案内がメールであります

(電話連絡が来る海外FX業者もあります。郵便物での案内はありません。)

ご準備された書面で大丈夫かどうか不安な場合には、まずは提出して見られることをおススメします。

「口座有効化」関連で人気記事一覧