英語が苦手な日本人でも利用できる日本語対応の海外の証券会社(ネット証券)はどこかありませんか? 目次

  1. 日本語対応の海外の証券会社一覧
    1. 海外FX業者は、海外のネット証券
    2. 日本に住む日本人でも口座開設できる
  2. 海外のネット証券を使うのは違法?
  3. 日本と海外のネット証券の違い
    1. 1.取引は、現物取引ではなくCFD
    2. 2.口座開設無料。取引をするツール・アプリは利用料無料
    3. 3.入金額以上の損失は発生しない - 追証なし
  4. みんなで海外FXなら、口座開設キャンペーンでオトク!

日本語対応の海外の証券会社一覧

みんなで海外FXでは、海外FX業者として株式を取り扱っている海外のネット証券(海外の証券会社)も掲載しています。

以下が、日本株や米国株(アメリカ株)、欧州株、中国株などの外国株を取り扱っている主な海外のネット証券です。

海外FX業者銘柄数主な銘柄最大レバレッジ取引プラットフォーム
SuperForex90銘柄以上米国株など10倍MT4
Exness630銘柄以上米国株など20倍MT4、MT5
FXGT56銘柄以上米国株など100倍MT5
IronFX145銘柄以上米国株、欧州株、ロシア株、中国株、カナダ株など10倍MT4
Tradeview100銘柄以上米国株など5倍MT5
HotForex990銘柄以上米国株、欧州株など14倍MT4、MT5
FBS41銘柄以上米国株など10倍MT4、MT5
iFOREX657銘柄以上日本株、米国株、欧州株、ロシア株など20倍ウェブトレーダー
IFCMarkets424銘柄以上日本株20倍MT4、MT5、NetTradeX
SimpleFX97銘柄以上日本株、米国株、欧州株、ブラジル株など100倍MT4
FxPro150銘柄以上米国株、欧州株など25倍MT4、MT5、cTrader
VantageFX50銘柄以上中国株など20倍MT4、MT5

みんなで海外FXに掲載するほとんどの海外のネット証券は、基本的に日本語対応です。

ただし、公式サイトが日本語対応になっているだけで、日本人スタッフが不在の証券会社もあります。

また、株式を取り扱っている上記の海外のネット証券を含む日本語対応の海外FX業者は、下記のリンクで確認できます。

日本語対応の海外FX業者の一覧

海外FX業者は、海外のネット証券

株式を取り扱う海外のネット証券(海外の証券会社)の多くが日本のネット証券や国内FX業者より豊富な銘柄を取り扱っているため、みんなで海外FXでは海外のネット証券も海外FX業者という一括りの言葉で表しています。

以下が、海外FX業者が主に取り扱う銘柄の一覧です。

  • ドル円などのFX通貨ペア
  • 米国株などの外国株
  • 金や銀などの貴金属
  • 原油や天然ガスなどのエネルギー
  • 小麦などのコモディティー
  • 日経平均株価などの株価指数
  • Bitcoinなどの仮想通貨 など
海外FX業者で取り扱うFX通貨ペア以外の銘柄も、現物取引ではなくCFD(差額決済取引)と呼ばれるレバレッジ取引になります。

海外FX業者では、上記の銘柄全てを基本的に1つの取引口座で取引できます。

日本に住む日本人でも口座開設できる

そして、みんなで海外FXに掲載される海外のネット証券(海外の証券会社)を含む海外FX業者では、日本に住む日本人でも口座開設できます。

ハイレバレッジやゼロカットで追証なし、取引のツール・アプリが無料などの日本とは違う取引環境と取引条件の海外のネット証券で取引したいというトレーダーは、上記の海外のネット証券の主な取り扱い銘柄や取引環境と取引条件をご確認ください。

また、上記の海外のネット証券に関する最新ニュースは、みんなで海外FXの新着情報・お知らせのページをご確認ください。

海外のネット証券を使うのは違法?

海外のネット証券(海外の証券会社)を含む海外FX業者の利用は、違法ではありません

海外のネット証券などは日本の法律や規制が及ばない外国のサービスのため、自己責任になる部分が大きいですが、まだ日本未上陸の海外サービスを使うことと同じで違法な金融商品や金融取引ではありません。

日本の金融庁などは海外のネット証券の利用に伴うトラブル回避のために、様々な注意喚起を行っています。また、一部の海外FX業者などは無登録業者として公表していますが、無登録業者として公表されている業者が海外のネット証券などの海外FX業者で、かつ詐欺の疑いがあるからという理由ではなく、日本で金融ライセンスを持たず日本で営業活動をしている疑いのある全世界の個人および法人が無登録業者として登録されています。

日本と海外のネット証券の違い

最後に、海外のネット証券(海外の証券会社)を含む海外FX業者で口座開設するメリットを開設します。

  1. 取引は、現物取引ではなくCFD
  2. 口座開設無料。取引をするツール・アプリは利用料無料
  3. 入金額以上の損失は発生しない – 追証なし
海外FX業者ごとに取引環境と取引条件は違います。詳細は、各海外FX業者の公式サイトをご確認ください。

1.取引は、現物取引ではなくCFD

海外のネット証券(海外の証券会社)を含む海外FX業者で取引できる銘柄は、現物取引ではなくCFD(差額決済取引)です。

CFDとは、Contract for Differencesの略です。

信用取引などでも空売りはできますが、CFDではもっと簡単で自由に空売りで利益を上げられます。

空売りとは、証券口座を開いた後にチャートを見ながら株を購入・保有して、値上がりしたら売却して利益を得るような株価の値上がりを期待する取引でなく、値下がりを予測して売り注文から初めて、株価が下落した時に買い戻すことで利益を得るような方法です。

株主優待は無し。配当相当額がもらえる

CFDでは現物取引ではないため、株主優待などの特典は受け取れません

ただし、株主に分配される現金配当は、配当相当額として取引量に応じた同様の支払いを受け取ることができます。

空売り(売り注文)のショートポジションを持っている場合は、配当相当額に応じた支払いが発生が発生します。

2.口座開設無料。取引をするツール・アプリは利用料無料

海外のネット証券(海外の証券会社)を含む海外FX業者では、取引に使うツール・アプリは無料です。

一般的な例 海外のネット証券 日本のネット証券
1つの取引口座で取引できる銘柄 FX・CFD FXのみ。または、CFDのみ
取引プラットフォーム 他社でも使えるMT4など 各社オリジナルツール
取引プラットフォームの利用料 無料 使用料発生

基本的に、MT4(メタトレーダー4、MetaTrader4)やMT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)などのような、いま日本でも導入が進んでいる世界基準の金融取引ツールを使います。

海外FX業者では、自動売買をするための自動取引ソフト EA(エキスパート・アドバイザー)などの特殊なツールを除いて、取引ツールは原則無料です。無料でダウンロードして、無料でインストール、無料で使えます。

郵便物は一切ない。口座開設は完全オンライン&最短1分

海外のネット証券(海外の証券会社)を含む海外FX業者の証券口座は、完全オンラインで最短1分で開設できます。

口座開設にお客様ご本人確認のための書類は必要ですが、スマホのカメラで撮影してフォームからアップロードするだけです。

郵便物の郵送やお届けなども一切ありません。

3.入金額以上の損失は発生しない – 追証なし

海外のネット証券(海外の証券会社)を含む海外FX業者では、株式CFD銘柄を10倍や100倍などのハイレバレッジで取引できます。

信用取引の保証金が30%の場合は、レバレッジ3.3倍程度になります。

ハイレバレッジになることで不安になる借金リスクですが、海外FX業者ではトレーダーが入金額以上の損失を被らないNBP(ネガティブ・バランス・プロテクション)という機能で借金が発生しません

ハイレバレッジ取引でも、ゼロカット対応だから借金なし

海外FXでは、借金リスクゼロの機能をゼロカットやゼロカットシステムと呼びます。

もし、海外FX業者の口座残高がマイナスになっても、残高が0円にリセットまたは追証の支払いを求めないため、そのまま放置しても構いません。

海外FXでは、マイナス残高になった際の追証の支払い(損失補填)を海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)が支払います。

みんなで海外FXなら、口座開設キャンペーンでオトク!

みんなで海外FX限定の特別な口座開設キャッシュバック!最大1万円!公式タイアップ(公式コラボ)のボーナスも!

みんなで海外FXでは、お得に海外のネット証券を含む海外FX業者で取引が始められるボーナスなどの口座開設キャンペーンを実施中です。

各社の公式ボーナスに、プラスアルファでみんなで海外FX限定の最大1万円キャッシュバックが受け取れます。

海外のネット証券(海外の証券会社)をお探しなら、ボーナス掲載数No.1&ブローカー掲載数No.1のみんなで海外FXがお得!

日本語対応の海外FX業者の一覧