cBotsが稼働する要因として、2つありそれが「On Bar」と「On Tick」です。

On Barの場合、チャート上に新規バーが表示されるたびに、プログラムが呼び出されます。

On Tickの場合、チャート上で新しいレート(値動き)があるたびに、プログラムが呼び出されます。On TickはOn Barよりもプログラムの稼働数が多いため、CPUへの負担は大きくなります。

cTrader対応FX会社一覧