株価や為替取引の動きをグラフであらわしたチャートの中で、もっとも代表的なものです。

ローソクのロウの部分は始値と終値を表しています。

ロウの部分が白いときは終値が始値に比べて高い場合であり、ロウの部分が黒いときは終値が始値に比べて低い場合であることがわかります。

また、上下のヒゲのような芯はその時間帯の高値と安値を表しています。

説明をしても難しいのですが、デモ口座を実際に開いてみると、すぐに確認できると思います。