ECNは、FXの取引方式の一つ

ECNとは、FXの取引方式・注文処理方式の一つです。

ECNは、Electronic Communications Networkの略です。

日本語で、電子証券取引ネットワークと言われます。

ECNにトレーダーもLPも集り取引をする

ここでは、ECNの仕組みを解説します。

ECNと呼ばれるネットワーク環境 (ネットワーク空間)に、トレーダーの注文が流れてきます。

また、その同じネットワークにLP (リクイディティープロバイダー)と呼ばれる市場提供元もいます。

そのため、ECNにトレーダーの注文および、市場提供元の板情報があり、マッチしたら、注文が成立する仕組みです。

オークション形式とも表現されます。

トレーダーの注文には、買い注文も売り注文もどちらも含みます。

取引参加者であるトレーダーの売り注文、買い注文を、ECNへ提供・集約をし、最良価格を形成するマーケットプレイス (板寄せ)方式が成立する仕組みとも表現できます。

公平で透明性の高いNDD取引方式

ECNは、NDDと呼ばれる大きなカテゴリに属します。

NDDとは、No Dealing Deskの略です。

トレーダーと証券取引所などの実際のマーケットの間に、ディーラーのいない (注文を裁くブローカーが存在しない)方式です。

NDDは、市場直結型とも言われます。

日本国内FX会社に多い、相対取引 (OTC: オーバーザカウンター)とは違います。

相対取引では、呑み行為の懸念が払しょくできません。

それに対して、ECNは、呑みが出来ない、公平で透明性の高い約定・売買方式となります。

利用メリットが多く、機関投資家向けやプロユース (専業)とされています。

利用条件や口座開設要件が厳しいことも多いですが、もちろん個人でも利用することができます。

もう一つのNDDであるSTP方式

NDDには、ECNの他に、STPがあります。

Straight Through Processingの略です。

ECNとの違いは、具体的な仕組みです。

ECNのような空間が存在せず、トレーダーの注文がダイレクトに市場提供元へ流されます。

STPは、さらに2つに分けることも出来ます。

Market Execution (マーケット決済)
Market Executionとは、ダイレクトに市場提供元と取引する。
スリッページが発生することがある。
Instant Execution (即時注文決済)
Instant Executionとは、海外FX会社で即約定し、市場提供元に渡される。
リクオートが発生することがある。
取引手数料が発生するECN

NDDの海外FX会社でも、STPとECNの環境の違いを見分ける方法が2つあります。

  • ECNなら、取引手数料 (コミッション)が発生する
  • ECNなら、リクオート (約定拒否)は発生しないが、スリッページが発生する

上記のようなデメリット、特徴も理解した上で、トレーダーにあったブローカーおよび口座タイプを選択して下さい。

海外FX会社一覧