世界の為替相場を動かしているのは、各国の経済指標、政治家・経済容認の発言、経済政策、テロや自然災害などの出来事です。

トレーダーはより魅力的な通貨を買い求め、価値の不安定な通貨を売ります。

FOMCの会議は、現在でも世界を金融市場の中心といわれるアメリカで行われている上、

政策金利の発表・金融政策・為替レート目標

を決定する会議でもあります。

これらの数値こそが、為替相場を左右する要因であり、FOMCはアメリカ経済を大きく左右する会議なので、世界中から注目されています。

FOMCは、年に約8回行われ、12人の議員の間で話し合われます。

特にFOMCの議長の発言は常に注目されており、議長の一言だけで数円の値動きを生み出すことも多々あります。