価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、片方を買い、もう片方を売ることにより、理論上リスクなしに収益を確定させる取引のことです。

たとえば、スワップ率が異なるブローカー間で口座を開設し、その差を利用して確実に少しずつ利益をだすことですが、いくつかのブローカーでは禁止されています。

このArbitrage(裁定取引) は取引ではない、とブローカー側からは批判されていることもあります。