リミットとストップは、指値と逆指値の違い

FXにおけるリミット・オーダー(Limit Order)は指値注文という意味で、ストップ・オーダー(Stop Order)は逆指値注文という意味です。

日本語 英語 意味
指値注文 リミット・オーダー 有利なレートでする予約注文または決済予約
逆指値注文 ストップ・オーダー 不利なレートでする予約注文または決済予約

指値注文(さしねちゅうもん)も逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)も、新規注文をする時と決済する時に使う言葉です。

具体的な注文の意味や仕組みの前に、FXの注文におけるリミットとストップの2つの言葉の簡単な意味から説明します。

リミットは、利益確保(利確)

FXでは、利益が確保できる注文をリミット・オーダー(Limit Order)といいます。

買い注文でも売り注文でも、それが決済であっても、それらが利益を確保するための予約注文であったら、リミット・オーダーです。

買い注文をする際、利幅を大きくするために、もう少し価格が下がってからだす注文もリミット・オーダーです。

MT4の注文画面にある「T/P(Take Profit)」は利確という意味で、一番分かりやすいリミットです。T/Pに現在の価格より有利な価格を入力すると、利益が出たT/Pの価格で自動的に決済します。

ストップとは、損切り

リミットに対して、ストップは反対の損切りを意味します。

リミット・オーダー同様に、買い注文でも売り注文でも、それが決済であっても、それらが損失を限定するための予約注文であったら、ストップ・オーダー(Stop Order)です。

後述しますが、あえて不利な価格まで損失を許容して出す新規注文もストップ・オーダーと呼ばれます。

MT4の注文画面にある「S/L(Stop Loss)」は損切りという意味で、一番分かりやすいオーダーです。T/Pに現在の価格より有利な価格を入力すると、利益が出たT/Pの価格で自動的に決済します。

リミットとストップはあくまで考え方であり、それを知らなければ取引ができないという知識ではありません。

買い注文と売り注文ごとのリミットとストップの使い方

FXのリミット・オーダーとストップ・オーダーの違いは、注文のやり方(注文のタイミング)です。

そして、リミットとストップという言葉を使うと、買い注文(Buy、バイ)と売り注文(Sell、セル)を以下の様に4つの呼び方で表現できます。

買い注文 売り注文
今より高い価格での予約注文 バイ・ストップ セル・リミット
今より低い価格での予約注文 バイ・リミット セル・ストップ

上記は新規注文の場合で、決済の場合は利益が確保できた状態で決済することをリミット・オーダーといい、これ以上の損失を止めるために決済することをストップ・オーダーといいます。

買い注文のバイ・ストップとバイ・リミット

バイ(Buy)とは買い注文のことで、今より利益が確保できる予約注文をバイ・リミットといいます。

  • 今より低い価格で取引開始を予約した買い注文は、バイ・リミット(Buy Limit、指値注文)
  • 今より高い価格で取引開始を予約した買い注文は、バイ・ストップ(Buy Stop、逆指値注文)

バイ・ストップの場合、今より不利な価格で注文が出されるため、その分利益を失う = 損失を許容することになります。

売り注文のバイ・ストップとバイ・リミット

セル(Sell)とは売り注文のことで、今より利益が確保できる予約注文をセル・リミットといいます。

  • 今より高い価格で取引開始を予約した売り注文は、セル・リミット(Sell Limit、指値注文)
  • 今より低い価格で取引開始を予約した売り注文は、セル・ストップ(Sell Stop、逆指値注文)

売り注文は今後価格が下落するという予想でする注文ですので、今より価格が上がるとより大きな利益が出やすくなります。

そのため、セル・リミットはバイ・リミットとは逆で、今より高い価格で実行される売りの予約注文となります。