そもそも秒スキャとは

秒スキャとは、一般的には高頻度の取引「スキャルピング」よりもさらに高頻度・秒単位で注文を重ね、超微益を積み重ね利益を上げる取引手法です。

秒スキャの定義や解釈は、

  • 1分間に10以上の注文、
  • 5分以内の決済など、

各社様々、トレーダーでも様々あり、スキャルピングの度合いと「だいたい」で表現されます。

スキャルピングが禁止されている理由

秒スキャ以前に、スキャルピングが禁止される理由はいくつもあり、禁止される理由を上げだすとキリがありませんが、よくあるスキャルピング禁止の理由は「相対取引」です。

相対業者ではスキャルピング禁止

スキャルピングが禁止される一番の理由は、FX取引をされているFX会社が相対取引(店頭取引、OTC、B-Book etc)のFX会社の場合です。

相対取引のFX会社のプラットフォームは、各トレーダーの注文に対して反対の注文(反対売買)を行うことで取引が成り立ちます。

相対取引の場合、各FX会社はトレーダーと反対の注文・決済を行うため、もしトレーダーが利益を出せばFX会社は損失を被ります。

トレーダーの利益がFX会社の損失であり、トレーダーの損失がFX会社の利益となります。

相対取引という利益体系・ビジネスモデルにおいて、継続的に利益を出す可能性の高いスキャルピングは、じわじわとFX会社の利益を蝕むガンです。

そのため、スキャルピングは禁止され、スキャルピングを行うトレーダーは口座凍結や話し合いにより、FX会社から締め出されます。

相対取引を嫌うトレーダーは、こうしたFX会社のことを呑み業者やマーケット・メーカーとも呼んでいます。

相対業者でない場合の禁止理由

前述の相対取引ではなくとも、取引プラットフォームへの負荷を理由にスキャルピングが禁止される場合があります。

FX取引は、注文のたびに、注文はインターネット回線で取引プラットフォームを利用してリクイディティ・プロバイダ(市場提供元)まで送信されます。

通信だけでは大した負荷となりませんが、実際の注文は、注文ごとにコンピューターが必要な処理を行います。

インターネット回線にも取引プラットフォームにも、通信回線と処理能力の限界が存在します。

高頻度の取引(スキャルピング)は、そうした限りがあるリソースを圧迫するため、禁止されることがあります。

また、裁量で行うスキャルピングでは人間の限界があり、人間の注文能力やその数はコンピューターに劣るのため、これも大した問題にはなりませんが、自動売買ロボット (EA)などを利用したスキャルピングの場合、際限なく注文量が増えます。

自動売買ロボットによっては、約定しない指値をダメもとで注文するなど、無駄な負荷を作り出すロボットが存在します。

このような行儀の悪い一人のトレーダーが生み出す負荷により他のトレーダーが迷惑を受けることを認めるわけにはいかないため、相対業者ではなくてもスキャルピングは禁止されることがあります。

秒スキャについては、ある程度まではスキャルピングを許容していても度が過ぎる場合に禁止されることになります。

スキャルピングを認めるFX会社

IronFX (アイアンFX)のSTP口座、TitanFX (タイタンFX)のブレード口座などはスキャルピングについて特に規制をしていません。

度を越えた秒スキャについては、上記の通り、どんなFX会社であっても禁止や口座凍結の可能性がありますが、そうした仕組みを理解された上でスキャルピングに取り組まれるのであれば、IronFXTitanFXをご検討下さい。