AとBのビジネス・モデル

通常、FX会社には大きく区別して、A-book (Aブック または Abook)B-book (Bブック または Bbook)と呼ばれる2種類のビジネス・モデルが存在します。
A-book、B-bookという区別は、海外FX業者だけの話ではなく、日本国内のFX会社でも同様にA-bookとB-bookが存在します。

ビジネス・モデルとは、会社のビジネスの形、収益体系のことです。

A-book、B-bookは、大まかに解説すると以下のようなものになります。

  • A-book (Aブック)
    トレーダーの注文をインターバンク(銀行間取引の市場)で処理をするFX会社
    A-bookの詳細
  • B-book (Bブック)
    トレーダーの注文をインターバンクへ送らず、業者が相手となり処理をするFX会社
    B-bookの詳細

トレーダーの注文を、A-bookの取引口座ではインターバンクで処理し、B-bookの取引口座ではFX会社内で処理をするというのが大まかな違いです。

昨今は、トレーダーの注文をFX会社側で触ることのないNDD(ノン・ディーリング・デスク、No Dealing Desk)が好まれることから、A-bookが主流と語られる場面も多いですが、実際は、大きなFX会社ほどA-bookとB-bookを両立した取引環境を提供しています。そのため、A-bookとB-bookの区別にこだわることが、あまり意味をなさないこともあります。

A-book (Aブック)とは

A-booktとは、海外FX会社のビジネス・モデルの一つで、一般的にSTPやECNと呼ばれるNDDのFX会社のことです。

A-bookの取引環境では、FX会社はトレーダーの注文を直接インターバンクへ送り出し注文を処理します。A-bookにおけるFX会社の利益は、注文を送り出す際の手数料(取引手数料やスプレッド)となります。

インターバンクは、銀行間取引などと呼ばれる市場になり、FX会社が手出しできる市場ではなくトレーダーは透明性の高い取引をすることができます。

A-bookのFX会社の特徴

A-bookの主な特徴・メリットは、以下のようなものになります。

  • 顧客の注文は、全て実際の市場へ流される
    (透明性の高いチャート・取引環境)
  • 各FX会社は、マークアップ (上乗せ)したスプレッドからのみ利益を得る
    (スプレッド手数料収入)
  • 投資家とFX会社との間に利害関係がない
    (トレーダーの利益・損失から利益を得ていない)

上記特徴の中で、投資家 (トレーダー)とFX会社に利害関係がないとしていますが、A-bookのFX会社では、「投資家が、より長く多くの取引をして利益を上げ、資本を増やし取引量を増やす」ほどにFX会社の利益性が高まります。

このように、A-bookは、トレーダーの成長がFX会社の成長につながるビジネスモデルであり、「トレーダーが勝つことがFX会社にとってメリットになる」というわかりやすい仕組みが、多くのトレーダーに選ばれる理由でもあります。

A-bookのデメリット

一方で、変化の大きいリアルな市場とダイレクトな取り引きをするからこそのデメリットとして、注文価格からスリップするスリッページや、約定力の問題でリクオートが発生することがあります。

また、A-bookは、取引量のない時間帯などにスプレッドが広がる傾向があり、スプレッドが安定しやすいB-bookと比較してスキャルピングに向かないことがあります。

B-book (Bブック)とは

A-bookに対し、B-bookもまた、FX会社のビジネス・モデルの一つです。B-bookは、主にDD(Dealing Desk、ディーリングデスク)の取引環境を意味します。B-bookでは、FX会社がトレーダーの取引をヘッジしていますが、NDDのようにインターバンクへ送り出すこともでき、その切り替え・選択を行うのがディーリングデスクの役目となっています。

「FX会社が顧客の取引をヘッジする」とは

ヘッジするとは、FX会社がトレーダーの注文を受ける相手となることを意味します。

前述のA-bookでは、インターバンクでトレーダーの注文が処理されると説明していますが、B-Bookでは、FX会社が注文を処理しています。

具体的には、

  • トレーダーの買い注文に対し、FX会社は売り注文で応え、
  • トレーダーの売り注文には、FX会社は買い注文で応える

という、反対売買でトレーダーに応える仕組みです。

ヘッジは、カバーとも呼ばれます

B-bookの場合、顧客の注文は実際の市場 (インターバンク または LP (リクイディティ・プロバイダー))へ送信されることはなく、顧客とFX会社との間で取引を行っていることになります。

B-bookのFX会社の特徴とメリット

B-bookの主な特徴は、以下のようなものになります。

  • 顧客の注文は、実際の市場へ流すか、FX会社が直接ヘッジをする形で成立
  • 各FX会社は、スプレッド損失をする顧客の取引から利益を得る
  • 投資家とFX会社の利害が対立
1. スプレッドが安定している

B-bookは、FX会社が市場を提供する(FX会社がスプレッドを自由に設定できる)その仕組みから、B-bookの取引口座ではスプレッドが安定しているというメリットがあります。

見方を変えると、固定スプレッドの取引口座は、B-bookだからこそ提供できる取引口座であり、ほぼすべての固定スプレッドの取引口座がB-bookです。

2. スキャルピングに向いているのはB-book

また、B-bookは、スプレッドを狭くできることも強みです。

国内FX会社が海外FX業者では不可能な狭すぎるスプレッドを提供できているのは、B-bookというビジネス・モデルが理由です。

狭いスプレッドを安定して提供できるB-bookは、スキャルピングでもメリットがあります。

3. 指標時の取引もB-bookに軍配

指標時にスプレッドを広げない(指標時にも取引できるレートを配信する)というのも、B-bookの取引口座の強みです。

B-bookの仕組みと疑問

「なぜ、B-bookは、顧客の取引をヘッジするのか?」
「顧客の取引をカバーするB-bookで、もしFX会社が負けたらどうなるのか?」
といった、疑問をお持ちの方も多いと思います。

FX市場では、常に80%超の投資家が損失を出し、取引最初の1カ月で1割の損失を出していると統計があります。

こうした統計は、現在EUではFX会社各社が正確な数字を公表しています。

B-bookの形式をとるFX会社は、あらかじめ損失を出すと考えられる80%の投資家の取引をヘッジし、それらの取引(ヘッジ、反対売買)で利益を得ています。

B-bookのデメリット

B-bookの仕組みは、いわゆる「呑み業者」と呼ばれるものになります。B-bookの仕組みにはメリットもありますが、呑み業者という言葉は「詐欺業者」や「SCAM(スキャム)」とセットで指摘されることが多く、ほとんどのトレーダーは、B-bookのFX会社や取引口座を使うことに心理的抵抗が大きいかもしれません。

また、本物の詐欺業者は、B-bookと同じ仕組みとなってしまうことから、B-bookと詐欺業者の見分けがつきにくいこともデメリットとして挙げられます。

詐欺業者ではないが、デメリットがあるB-book業者もある

B-bookのデメリットでは、詐欺業者との見分けがつかない他にも、勝ちすぎてしまい口座凍結や利益没収(出金拒否)をされてしまうということがあります。
これはB-bookの大手国内FX会社でとても良くあるケースで、こうしたトラブルとなった場合は、争っても利益等を取り返すことができず泣き寝入りしているトレーダーが多いのが現状です。

B-bookのFX会社は、トレーダーの損失はFX会社の利益になり、トレーダーの利益はFX会社の損失となるため、このような出金トラブルが発生します。

こうしたトラブルを防ぐためにも、あえてB-bookのFX会社を選択する場合にも出金拒否等のリスクがある国内FX会社ではなく、iFOREXなどの出金実績がある海外FX業者を利用されることをおススメします。

iFOREX 詳細はコチラ

まともなFX会社はAやBでは区別できない

A-bookとB-bookの区別は上記説明のとおりですが、まともなFX会社の多くはA-bookとB-bookの口座のどちらも提供しています

大型で経営が安定しているFX会社ほど、A-bookとB-bookの両設定の口座を適時切り替えて利益を上げています。
さらに、各注文ごとでもA-bookとB-bookの両設定を適時切り替えて利益を上げています。

そのため、通常のFX会社では、完全にA-book、完全にB-bookなど、見分けることは通常は出来ません。

「B-book = 詐欺」は間違い

B-bookのFX会社は、不正・悪質な操作を行っている、たびたび利益相反の関係にある危険な詐欺会社 (SCAM)として断定的に話題にあげられますが、B-bookのFX業者が、詐欺会社というのは間違いです。

詐欺会社は、あくまで詐欺をやっている会社のことで、

  • 素行が悪く
  • 誠意もなく
  • 顧客と共に成長する意思がない

といった悪質なFX会社のことです。

海外FX会社一覧