AとBのビジネス・モデル

通常、FX会社には大きく区別して、A-book (Aブック または Abook)B-book (Bブック または Bbook)と呼ばれる2種類のビジネス・モデルが存在します。

ビジネス・モデルとは、会社のビジネスの形、収益体系のことです。

A-book (Aブック)

A-booktとは、海外FX会社のビジネス・モデルの一つで、一般的にSTPやECNと呼ばれるFX会社のことです。

A-bookのFX会社の特徴

A-bookの主な特徴・メリットは、以下のようなものになります。

  • 顧客の注文は、全て実際の市場へ流される
    (透明性の高いチャート・取引環境)
  • 各FX会社は、マークアップ (上乗せ)したスプレッドからのみ利益を得る
    (スプレッド手数料収入)
  • 投資家とFX会社との間に利害関係がない
    (トレーダーの利益・損失から利益を得ていない)

上記特徴の中で、投資家 (トレーダー)とFX会社に利害関係がないとしていますが、A-bookのFX会社では、「投資家が、より長く多くの取引をして利益を上げ、資本を増やし取引量を増やす」ほどにFX会社の利益性が高まります。

このように、A-bookは、トレーダーの成長がFX会社の成長につながるビジネスモデルであり、多くのトレーダーに選ばれる理由でもあります。

一方で、変化のあるリアルな市場とダイレクトな取り引きをするからこそのデメリットととして、注文価格からスリップするスリッページや、約定力の問題でリクオートが発生することがあります。

B-book (Bブック)

A-bookに対し、B-bookとは、海外FX会社のビジネス・モデルの一つで、FX会社が顧客の取引をヘッジするFX取引となります。

「FX会社が顧客の取引をヘッジする」とは

ヘッジするとは、FX会社がトレーダーの注文を受ける相手となることを意味します。

具体的には、

  • トレーダーの買い注文に対し、FX会社は売り注文で応え、
  • トレーダーの売り注文には、FX会社は買い注文で応える

という、反対売買でトレーダーに応える仕組みです。

ヘッジは、カバーとも呼ばれます

B-bookの場合、顧客の注文は実際の市場 (インターバンク または LP (リクイディティ・プロバイダー))へ送信されることはなく、顧客とFX会社との間で取引を行っていることになります。

B-bookのFX会社の特徴

B-bookの主な特徴・メリットは、以下のようなものになります。

  • 顧客の注文は、実際の市場へ流すか、FX会社が直接ヘッジをする形で成立
  • 各FX会社は、スプレッドと損失を生み出す顧客の取引を応用して利益を得る
  • 投資家とFX会社の利害が対立

B-bookの仕組みと疑問

「なぜ、B-bookは、顧客の取引をヘッジするのか?」

「顧客の取引をカバーするB-bookで、もしFX会社が負けたらどうなるのか?」

といった、疑問をお持ちの方も多いと思います。

FX市場では、常に80%超の投資家が損失を出し、取引最初の1カ月で1割の損失を出していると統計があります。

B-bookの形式をとるFX会社は、あらかじめ損失を出すと考えられる80%の投資家の取引をヘッジし、それらの取引(ヘッジ、反対売買)で利益を得ています。

まともなFX会社はAやBでは区別できない

A-bookとB-bookの区別は上記説明のとおりですが、まともなFX会社の多くはA-bookとB-bookの口座のどちらも提供しています。

大型で経営が安定しているFX会社ほど、A-bookとB-bookの両設定の口座を適時切り替えて利益を上げています。

さらには、各注文ごとでもA-bookとB-bookの両設定を適時切り替えて利益を上げています。

そのため、通常のFX会社では、完全にA-book、完全にB-bookなど、見分けることは通常は出来ません。

「B-book = 詐欺」は間違い

B-bookのFX会社は、不正・悪質な操作を行っている、たびたび利益相反の関係にある危険な詐欺会社 (SCAM)として断定的に話題にあげられますが、B-bookのFX業者が、詐欺会社というのは間違いです。

詐欺会社は、あくまで詐欺をやっている会社のことで、

  • 素行が悪く
  • 誠意もなく
  • 顧客と共に成長する意思がない

といった悪質なFX会社のことです。

海外FX会社一覧