トレンドとは、市場の方向性

トレンドは、特定の時間の市場の方向性を表し、トレーダーに市場価格の変動傾向を提示します。

主な傾向として、上昇トレンド、下降トレンド、横ばいトレンドに分類されます。

トレンドは長期、中期、短期の期間枠でも区別することができますが、短期間のトレンドは長期間のトレンド中に起こることもあります。

上昇トレンドとは?

上昇トレンドは、長期間に渡っての特定の通貨の計画的そして長期間の上昇で現れます。

通貨の価格が全く後退しないという意味ではなく、ある期間の全体的な動きを見て価格が下降しているよりも上昇していることです。

fx trend line up

下降トレンドとは?

下降トレンドは上昇トレンドを同じ特徴を持つが、反対方向への動きです。

そのため、通貨ペアの価格の下降を表します。

fx trend line down

横ばいトレンドとは?

上記の2種類と似ていますが、横ばいトレンドは期間中に価格の変動に特に大きな変化は見られません。

横ばいトレンドは価格がサポートレベル (支持線)とレジスタンスレベル (抵抗線)を往復していることを表します。

forex trend line

サポートとレジスタンス

トレンドは直線で動くことはなく実際はジグザグに動き、浮き沈みを形成します。

価格がピークに達した時、通貨の価格を上昇させている買い手はレジスタンスにぶつかります。

特定の価格では多くの売り手がおり、買い手を上回ります (買い手も売り手に転向する可能性もあります)。

売り圧力がある限り価格は下落します。大幅な上昇トレンドがある場合、価格の下落とともに買いのチャンス (もしくはピークでの売りのチャンス)を逃した買い手は通貨を買い、価格は次のピークまで上昇します。

これらのトレンド内でのピークはトレンドのレジスタンスレベルと呼ばれます。

一方、価格の底値では、逆のことが起こります。

価格が下降している通貨はサポートにぶつかります。

サポートは買い手が売り手を上回ったときの価格です。これらのトレンド内での低値はサポートレベルと呼ばれます。

* サポートレベルをつなげるトレンドラインをサポート線 (支持線)と呼びます。レジスタンスレベルをつなげるトレンドラインをレジスタンス線 (抵抗線)と呼びます。
** 通常、トレンドラインは少なくとも支持線と抵抗線の2つによって描くことができます。トレンドラインに触れているサポートレベルとレジスタンスレベルが多ければ多いほど、トレンドは安定しています。