ExnessはスキャルピングOK

海外FX業者 Exness(エクスネス)では、スキャルピングできます

取引回数の制限を含む、特別な取引制限を行っていません。

スキャルピングとは、数分の間に何度も発注注文と決済注文を繰り返して、利益を得る取引手法です。スキャルピングとは反対に1日などの単位でトレードする取引手法をスイングトレードやデイトレードと言います。

両建てやEAを使った自動売買もできる

海外FX業者 Exness(エクスネス)は、両建ても禁止していません。

両建てをすると必要証拠金は0円になります。ただし、仮想通貨CFD銘柄の場合は必要証拠金が100%必要になりますのでご注意下さい。

Exnessでは、EA(Expert Adviser、エキスパートアドバイザー)を使った自動売買も許可されています。

EAとは、自動売買ソフトのことです。ただし、ExnessはEAの販売はしておりません。EA利用に伴うエラーやトラブル、損失についてはExnessでは一切保証できません。

指標トレードも禁止はしていない

海外FX業者 Exness(エクスネス)では、指標トレードも禁止していません。

指標トレードとは、毎月第一金曜日のアメリカの米国雇用統計 NFPなどの経済指標発表の瞬間と前後の変動に合わせてトレードすることです。

ただし、Exnessは重要な経済指標発表前の15分間と発表後の5分間は、関係する銘柄の新規発注は最大レバレッジ200倍に制限しています。

経済指標発表時は、価格の変動が激しくなって(さらにトレーダーのネット環境なども影響して)チャートの表示が遅れる可能性があります。そのため、通常よりスリッページが発生しやすくなりますのでご注意下さい。

アビトラージや複数口座間両建てなどは禁止手法

海外FX業者 Exness(エクスネス)には特別な取引制限はありません。

しかし、他の海外FX業者同様に下記に該当する様な悪意あるトレードは行わないでください

  • 複数口座間の両建て – ゼロカットの悪用
  • アビトラージ(裁定取引、サヤ取り)など

Exnessでは出金拒否や利益没収、口座凍結などの噂はありませんが、上記の様な悪質な行為を繰り返すトレーダーはレバレッジ制限などの取引制限が発生する可能性は否定できません。

通常のスキャルピングや両建て、EAを使った自動売買は、取引制限なく自由にできます。

また、Exnessでは、コピー取引(コピートレード、ソーシャルトレード)のサービスも提供しています。

取引すると5,000円もらえる!

Exness 最新のボーナス一覧