海外FX業者 Axiory(アキシオリー)でMT4(メタトレーダー4)を使うおススメの理由

海外FXが始めてなら、MT4

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)では、MT4とcTraderが選べます。

海外FXが初めてなら、MT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)がオススメです。

だだし、MT4がcTrader(Cトレーダー)より優れているという理由ではありません

MT4は、ロシア発のソフトウェア会社 MetaQuotes(メタクオーツ)が開発・提供しているFXの取引ソフトです。メタトレーダーシリーズは、MT4だけではありません。2019年からは、MT4の進化版のMT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)の本格的な展開が進んでいます。

参考:Axioryは、MT5対応しないの?

理由は、MT4についての日本語の情報量が多いから

海外FX初心者にMT4をおススメする理由は、cTraderより日本語の情報量が多いからです。

MT4はこれまでに世界でも最もヒットした取引プラットフォームで、新しい機能の開発が終わった今でもシェアNo.1はMT4で間違いありません。

MT4のみ対応という海外FX業者もたくさんあります。

そのため、利用者が多い分、MT4の使い方に関するマニュアルやコマンドなどの情報がネットに無料で落ちています

EAなどの自動売買の外部ソフトも多い

また、海外FXで自動売買をしたい場合、MT4ならMT4専用の自動取引ソフト、MT5ならMT5専用の自動取引ソフト、cTraderならcTrader専用の自動取引ソフトというように、取引プラットフォームごとにインストールできる外部ソフトが違います。

取引プラットフォームごとに外部ソフト(サードパーティー)が違う理由は、プログラミング言語が違うからです。

取引プラットフォームプログラミング言語
MT4MQL4
MT5MQL5
cTradercAlgo

例えば、自動売買をしたいと思ったら、cTraderよりMT4の方が日本語で簡単に取引ソフトが見つかりますし、日本語で詳しく解説した取引ソフトの方が豊富です。

MT4やMT5というメタトレーダーで使える取引ソフトは、EA(Expert Adviser、エキスパートアドバイザー)といいます。

Googleで「MT4 EA」や「MT4 エキスパートアドバイザー」と調べてみて下さい。

テクニカル分析に使われるインジケーターも、MT4専用のインジケーターがネット上にたくさん落ちています。

Axiory(アキシオリー)では必ずMT4がイイという訳ではなく、cTraderよりMT4は情報量が多いから困らないという点でおススメです。

MT4もいいし、cTraderもいい

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)でcTrader(Cトレーダー)を使うおススメの理由

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)でcTraderが人気がないか?というと、そういうことはありません。

MT4などの数多くの取引プラットフォームについて研究した結果に生まれたcTraderは、そのプロフェッショナルな仕様から人気は高いです。

cTraderは、NDDのECN方式の取引環境に最適な取引プラットフォームとして開発され、Axioryのナノスプレッド口座で取引をするなら、cTraderを選ぶべきです。

cTraderを開発するソフトウェア会社は、Spotware(スポットウェア)といいます。

SpotwareはcTraderのパソコン版もスマホ版もウェブ版も、ほぼ毎月の様にアップデートしています。

一度はcTraderのデザインも見るべき

海外FX業者 Axiory(アキシオリー)でMT4を使ったなら、次の追加口座開設ではcTraderの取引口座を開設してみて下さい。

MT4とcTraderはFX・CFD取引をするという目的は同じですが、デザインが違います。

ワンクリックトレードや複数注文の一括決済ができるなど、基本スペックでMT4を超える便利さがあるcTraderは、新しいサービスが好きなトレーダーや色々カスタムをしてみたいトレーダーにはぜひ触ってほしい取引プラットフォームの1つです。

Axiory cTrader口座の開設(無料)