Exness(エクスネス)は本当にデロイト・トウシュ・トーマツが監査しているのですか?監査報告書は見れますか? 目次

  1. Exnessの監査機関はデロイト
    1. 半年前までの四半期ごとの取引量などが分かる
    2. 毎年6月と12月のExnessの資産状況が分かる

Exnessの監査機関はデロイト

海外FX業者 Exness(エクスネス)は、監査機関としてデロイトと契約しています。

デロイト・トウシュ・トーマツ

デロイト・トウシュ・トーマツ社は世界四大の監査会社のひとつであり、世界最大プロフェッショナルサービスファームで、監査、危機管理、財務顧問などのサービスを手がけています。”
– Exnessの日本語公式サイト「会計報告(当社の監査法人について)」

そして、デロイトによる2種類の監査報告書は、Exnessの日本語公式サイトでも確認できます。

Exnessの日本語サイト > 当社について > 会計報告 > 監査報告:財務実績

ただし、デロイトによるExnessの監査報告書は、英語または中国語、ベトナム語、タイ語のみです。日本語の監査報告書はありません。

半年前までの四半期ごとの取引量などが分かる

海外FX業者 Exness(エクスネス)のデロイトの監査報告書1

海外FX業者 Exness(エクスネス)の日本語サイトでも、「取引量」と「管理資金」というデロイトによる2種類の監査報告書が公開されています。

取引量に関する監査報告書では主に下記3点がわかります。

  1. Exnessの取り扱い高
  2. Exnessのアフィリエイターの報酬
  3. Exnessがトレーダーに出金した額

毎年6月と12月のExnessの資産状況が分かる

海外FX業者 Exness(エクスネス)のデロイトの監査報告書2

海外FX業者 Exness(エクスネス)の日本語サイトで公開している管理資金に関する監査報告書では、主に下記3点がわかります。

  1. Exnessが保有している会社資産とトレーダーなどの資産の合計額
  2. Exnessが保有しているトレーダーやアフィリエイターなどの資産総額
  3. Exnessが保有している会社資産の総額

デロイトによる監査報告書は、四半期毎または6月と12月の年2回の更新です。

\ Exness口座開設キャッシュバック /

ボーナスキャンペーン こちら