XBPrime (XBプライム)についてのお知らせ

XBPrime (XBプライム)の掲載は、終了しています。みんなで海外FXに掲載されているXBPrime (XBプライム)の会社情報やお知らせ等は更新されません。当ページおよび関連ページの閲覧の際には、予めご了承ください。関連ページ: XBPrime (XBプライム)

海外FX業者 XBPrime(XBプライム)の口座開設後のレバレッジは200倍。レバレッジ変更で300倍に

口座開設直後のレバレッジは、200倍

海外FX業者 XBPrime(XBプライム)口座開設した直後のFX通貨ペアのレバレッジは、200倍です。

例えば、0.01ロットのドル円を買い注文をする場合、10万通貨/ロット × 0.01ロット ÷ 200倍 = 5ドル(約500円)の証拠金が必要になります。

レバレッジ変更で500倍まで引き上げられる

海外FX業者 XBPrime(XBプライム)のFX通貨ペアの最大レバレッジは、500倍です。

XBPrimeの最大レバレッジは、レギュレーションの変更にともない500倍から300倍に制限されていました。会員ページの一部で500倍の表示がされるなど、レバレッジ制限の解除に向けた試験的な作業が行われて、現在は500倍に設定できます。

参考:XBPrimeが最大レバレッジを500倍に引き上げ – 2020年5月25日

XBPrimeでは、いつでもレバレッジ変更ができます
レバレッジ変更に特別な制限はありません。

  • 500倍
  • 300倍
  • 200倍
  • 175倍
  • 100倍
  • 75倍
  • 66倍
  • 50倍
  • 33倍
  • 25倍
  • 20倍
  • 15倍
  • 10倍
  • 5倍
  • 3倍
  • 1倍

XBPrimeの500倍の最大レバレッジでFX通貨ペアの取引を始めたいトレーダーは、口座開設後にレバレッジ変更で500倍に変更申請して下さい。

例えば500倍になると、0.01ロットのドル円を買い注文をする場合、10万通貨/ロット × 0.01ロット ÷ 500倍 = 2ドル(約200円)の証拠金が必要になります。

レバレッジ変更はカスタマーサポート側で設定変更をします。カスタマーサポートが休みの週末の土曜日の日曜日のクリスマスや年末年始などの祝日は、レバレッジ変更を申請してもすぐには変更されません。次の営業日までお待ちください。

レバレッジ変更 こちら

FXとCFDのレバレッジの違いに注意

最大レバレッジ500倍で取引できるXBPrime(XBプライム)の銘柄は、ドル円などのFX通貨ペアのみです。

金や原油、日経平均株価、アメリカ株などのCFD銘柄は、銘柄個々に設定されたレバレッジ(必要証拠金率、証拠金率)が設定されています。

上記のレバレッジに関するルールは、XBPrime以外のほかの海外FX業者でも基本的に同じです。

XBPrimeの取り扱い銘柄のカテゴリーとレバレッジの倍率

以下は、海外FX業者 XBPrime(XBプライム)の取り扱い銘柄のカテゴリーとレバレッジの倍率の一覧です。

カテゴリー 主な銘柄 主なレバレッジ 主な契約サイズ
FX通貨ペア ドル円 など 1倍以上500倍以下 100,000
貴金属 100倍 100
100倍 5,000
エネルギー WTI原油、ブレント原油 100倍 1,000
株価指数 日経平均株価 など 100倍 100
株式 アメリカ株 など 20倍 100

XBPrimeではレバレッジ変更で500倍のハイレバレッジで取引できると解説しましたが、500倍で取引できる銘柄はドル円(USDJPY)などのFX通貨ペアのみです。

エキゾチック通貨を含むマイナー通貨ペアでは、ボラティリティーやリクイディティーを考慮して銘柄ごとにレバレッジが設定されることがあります。

参考:メジャーリーガー通貨ペアやマイナー通貨ペアとは、どういう意味ですか?

FXとCFDの必要証拠金の計算方法の違いに注意

海外FX業者 XBPrime(XBプライム)では、レバレッジの倍率がFXとCFDでは違うと解説しました。

FXとCFDでは、必要証拠金の計算も少し変わってきます。

以下が、ドル円などのFX通貨ペアで必要証拠金を計算する計算式です。

取引ロット × 契約サイズ ÷ レバレッジ = FXの必要証拠金

そして、以下が、金や原油、日経平均株価、アメリカ株などのCFD銘柄で必要証拠金を計算する計算式です。

最新価格 × 取引ロット × 契約サイズ ÷ レバレッジ = CFDの必要証拠金

CFD銘柄では、取引したい銘柄の最新の価格が必要証拠金に影響します。

FXとCFDの違いを見分ける方法

海外FX業者 XBPrime(XBプライム)で取引したい銘柄が、取引口座で設定されたレバレッジが適用されるFXなのか?
それとも、レバレッジが決まっていて、銘柄の最新価格が必要証拠金に影響するCFDなのか?

上記2つを見分ける方法は簡単です。

最大レバレッジの500倍で取引できるFX通貨ペアの場合

海外FX業者 XBPrime(XBプライム)のMT5(メタトレーダー5)でFXかCFDか、見極める方法。FXの場合

MT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)のスマホアプリでもパソコンソフトでもいいので、海外FX業者 XBPrime(XBプライム)の取引口座へログインしてください。

そして、銘柄個々の詳細ページに進んで、「計算」の欄が「FX」なら、最大レバレッジの500倍で取引できるFX通貨ペアとなります。

取引ロット数 × 10万通貨 ÷ 1倍~500倍 = FXの必要証拠金

ほかに特殊な条件がないか、念のために「取引単位」が「100000.00」であることと、「マージンレート」の「成り行き買い」と「成り行き売り」が「1.0000000」であることも確認しておいて下さい。

取引単位とは、取引ロット × 契約サイズ ÷ レバレッジ = FXの必要証拠金における契約サイズのことです。コントラクトサイズ(Contract Size)と表示されることもあります。

レバレッジが決められたCFD銘柄の場合

海外FX業者 XBPrime(XBプライム)のMT5(メタトレーダー5)でFXかCFDか、見極める方法。CFDの場合

FX通貨ペアの時と同じようにMT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)のスマホアプリでもパソコンソフトでもいいので、海外FX業者 XBPrime(XBプライム)の取引口座へログインしてください。

そして、銘柄個々の詳細ページに進んで、「計算」の欄が「取引」なら、レバレッジが決められたCFD銘柄となります。

最新価格 × 取引ロット × 契約サイズ ÷ レバレッジ = CFDの必要証拠金

また、CFD銘柄の場合は、必ず「取引単位」と「マージンレート」を確認しておいて下さい。

マージンレートとは、必要証拠金率のことです。そして必要証拠金率とは、レバレッジのことです。簡単な例を下記に示します。

マージンレート 必要証拠金率 レバレッジ
0.01 1% 100倍
0.05 5% 20倍

CFDの具体的な取引例については、下記のXBPrimeで日経平均株価を取引する方法を実際に取引した画面で開設したコラムをご確認ください。