ここに記載される一部の情報は、Land-FXバックオフィスへの質問と回答に基づいて記載されています。ご不明な点は、Land-FXへ直接お尋ねください。

Land-FX (land-fx.com)

これまでに、Land-FX (ランドFX)を利用する方よりいくつかご連絡を受けていますが、Land-FXにおいて口座凍結となったケースのほとんどが以下の2点とのことです。

  • 禁止された手法で取引をした
  • カードによる出金依頼をかけたが着金が遅い

カード出金による着金が遅いという点については、カード会社側の通常の処理であり、語りつくされていますのでここでは説明を省きます。

禁止された手法については、必ず次のリンクを参照してください。

Land-FX 禁止手法・出金拒否の検証

一部のランキングサイトでは、Land-FXで禁止されるスキャルピングや窓開けを狙った取引手法が推奨されていますが、いずれもLand-FXは確実に利益没収や口座凍結、審査を行いますので絶対に実践しないでください。

口座凍結後に出金される資金

口座凍結後は出金拒否でなく、取引の精査と値洗い(審査)が行われます。

審査の期間を経て、指定された出金方法もしくは入金方法と同じ手段にて、正当な取引の利益を含む預託証拠金が出金され、禁止された手法によって得た利益は没収されます。

(多くは審査開始から1週間から2週間ほどで完了するようです。)

過去のいくつかの事例では、利益が没収され、トレーダーの入金分が送金手数料を差し引いた形で返金されているようです。

「検討中だが、怖い」

これはFX会社のプラットフォーム上で取引する限り、各社のルールに従うほかありません。

「検討中だが、怖い」など、少しでも「怖い」という気持ちや疑いをお持ちであれば、Land-FXでのお取引もしくはFXをあきらめてください。

投資の持つ様々なリスクと各社のルールに理解と納得ができる方だけ、口座開設へお進みください。

出金拒否に関し、FX会社側のデメリット

最後に、出金拒否が普通は起こらないことの理由と、出金拒否など不当な営業を行った場合に発生するFX会社側のデメリットについて説明します。

ライセンスは信頼の証明、失うことは最も大きなデメリット

みんなで海外FXでご紹介中のFX会社は、いずれもレギュレーション(金融規制機関)の下で活動しています。

もちろん、不当な出金拒否をすれば、簡単に認可やライセンスの取り消しとなります。ライセンスを失うと営業そのものができませんので、そうした不当な行為はまず実行できません。

ライセンスは、そうした意味で信頼の証明でもあります。

ユーザーの資金は微々たるもの

FX会社は日に数億円の金額を取り扱います。

個人が出し入れする数十万から数百万という金額は、見向きするほどの金額ではありません。

数万通貨はなおさらです。

メリットが小さく、デメリットが大きい出金拒否

レギュレーションの元で運営され、複数年の運営実績のあるFX会社において、通常の取引で出金拒否がそうそうに起こりえない理由は、前述の通りです。

また、オンラインでの個人発信が手軽になった近年、悪い噂は簡単に広がります。お金を預かるという商売の特性的にもFX会社側があえて炎上を誘う真似はできません。

このように、金額に対するメリットの小ささ出金拒否という行為のデメリットの大きさを知ることで、FX会社が簡単に出金拒否できないことにご理解いただけるかと思います。

口コミを参考にしよう

上記のようなFX会社側の事情を理解された上で、インターネット上に掲載されている出金拒否の事例や口コミが「なぜ、出金拒否されたのか」裏をとることは、またとても勉強になります。

(多くの理由は、単純なコンプライアンス違反やマネーロンダリング、カードのポイントなどを狙った不正な入出金の他、禁止されている取引手法の実践などでしょう。)

ぜひ、正しい知識を身に着けて、充実した取引されてください。