厳密な定義に沿えば、全てのOTC(over the counter: 店頭取引)ブローカーが、マーケットメーカーです。

もし完全オリジナルの価格にて取引を行なっていない場合、言い換えるとスプレッド(手数料)がある場合には、定義としてはマーケットメーカーとして位置づけられます。

つまりは、全てのブローカーはスプレッドを加算してそこから利益を得ていますので、マーケットメーカーではないブローカーは存在しないことになります。

しかしながら、普段ブローカーが口にする、またユーザー間で口にされるマーケットメーカーとは、トレーダーの取引を操作するかどうか、という点での判断の場合がほとんどです。

人気ランキングはこちら