MT4-MT5-MetaTrader-Tradig-Platform-Software-MetaQuotes-Tools-Leverage-Japanese-Real-Live-Demo

通常、レバレッジではありません

MT4では、銘柄毎に「仕様 (「取引条件」画面)」で、「証拠金率」というものが確認できます。

証拠金率とは、追加的な乗算係数 (率)であり、いずれのFX通貨ペア、CFD銘柄に限らず、基本 100.0%となっています。

MT4-MT5-MetaTrader-Tradig-Platform-Software-MetaQuotes-Tools-Leverage-Japanese-Real-Live-Demo-Margin-Rate

MT4取引条件内の証拠金率は、特殊な設定

レバレッジのように必要証拠金に係る数値ではあります。

FX通貨ペアなどのレバレッジおよび、株価指数CFD銘柄などの必要証拠金率は、各海外FX会社 (海外FX業者/海外FXブローカー)や設定した取引口座ごとに決まっています。

それら設定したレバレッジ/必要証拠金率に対して、「取引条件」内の「証拠金率」は、さらに追加で設定する際に、各社が利用・設定する数値です。

また、英語版のMT4 (MetaTrader4/メタトレーダー4)では、Margin rateと表示されています。

MT4でのレバレッジの確認方法

実効レバレッジとは?

実効レバレッジとは、設定レバレッジとも異なり、実際の取引を評価する際に計算します。

実効レバレッジの計算式は、以下の通りです。

ポジションの評価額 (取引ロット × 最新レート) ÷ 有効証拠金 = 実効レバレッジ

例えば、証拠金 5万円で、米ドル USDJPY = 100.0円を1 lot取引している場合、次のように求められます。

(100,000通貨 × 100円) ÷ 50,000円 = 200倍