日経平均の取り扱いは、海外FX業者の基本スペック

日本の株式市場の代表的な株価指標の一つである日経平均株価は、ほぼ全ての海外FX業者(海外FX会社、海外FXブローカー)が株価指数CFD銘柄の1つとして取り扱っています

そして、ほぼ全ての海外FX業者がMT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)対応しています。

また、人気の海外FX業者では最低でも100倍以上のハイレバレッジで、日経平均株価が取引できます。

人気の海外FX業者と日経平均株価の取り扱いの例一覧

以下は、人気の海外FX業者と日経平均株価の取引環境と取引条件の例です。

シンボル レバレッジ 取引プラットフォーム
XM(XMTrading) JP225Cash、JP225 200倍固定 MT4とMT5
FBS 取り扱いなし
IronFX JP225Cash、JP225 100倍固定 MT4とMT5
Axiory NIKKEI 100倍固定 MT4のみ
iFOREX 日本225(円)、日本225(米ドル) 200倍固定 ウェブトレーダー
TitanFX JP225 最大500倍 MT4とMT5
AnzoCapital JP225 最大500倍 MT4のみ
XBPrime JP225 100倍固定 MT5のみ
上記の海外FX業者をクリックすると、各社の公式サイト(外部リンク)へ移動します。

同じ日経平均株価でもシンボルが違う

海外FX業者 XM(XMTrading)であれば、JP225が日経平均株価を示します。

日経平均株価は、日本語でも日経平均日経225などいくつかの呼び名で呼ばれます。

海外FX業者のMT4などの取引プラットフォームでは、いくつかの見慣れないシンボル(通貨ペア名)で記述されていることがあります。

シンボル
XM(XMTrading) JP225
Axiory NIKKEI
FxPro #Japan225

ここではよくあるシンボル表記として、分かりやすい3つの海外FX業者を比較しています。

海外FX業者 FxPro(FXプロ)の取引口座では、#Japan225が日経平均株価を示します。

必ずJP225ではありませんので、お使いの海外FX業者のMT4やMT5(MetTrader5、メタトレーダー5)などの取引プラットフォームで上記の様な銘柄を探して下さい。

同じ日経平均株価でもレバレッジと必要証拠金の計算式が違う

海外FX業者によって、同じ日経平均株価でもレバレッジも違いますし、必要証拠金の計算式も違います。

レバレッジ 必要証拠金の計算式
XM(XMTrading) 200倍固定 ロット数 × 契約サイズ × 表示価格 × 必要証拠金率
Axiory 100倍固定 ロット数 × 契約サイズ × 最新価格 × ティックバリュー ÷ ティックサイズ × 証拠金率
TitanFX 最大500倍 ロット数 × 契約サイズ x 表示価格 ÷ レバレッジ

一見するとAxiory(アキシオリー)の日経平均株価のレバレッジは、他の海外FX業者に比べて低い様に見えますが、実際にはティックサイズやティックバリューという要素が入るため、実質1,000倍のレバレッジで取引できたりします。

また、通常多くの海外FX業者で日経平均株価を含む株価指数や原油、金などのCFD銘柄のレバレッジは固定なのですが、TitanFX(タイタンFX)は違います。
TitanFXでは、FX通貨ペア同じ様に取引口座の設定レバレッジが適用されます。

取引口座のレバレッジが200倍なら、日経平均株価のレバレッジも200倍になります。

先物の場合は、限月に注意

IronFX (アイアンFX)の取引口座では、いくつか日経平均株価の銘柄が用意されています。

例えば、海外FX業者 IronFX(アイアンFX)の場合は、上記のようにたくさんの日経平均株価のシンボルがあります。

これは限月と呼ばれる取引期限が決まった銘柄ということです。

みんなで海外FXでは商品先物の言葉に合わせて限月という言葉を使いますが、限月とは、いわゆる商品の満期のことです。

詳細な限月はマウスオーバーした際のポップアップで

  • 通常の現物・時価連動の日経平均株価の場合は、JP225Cash
  • 先物の日経平均株価の場合は、JP225_…

先物のJP225の場合、シンボルの末尾に限月がつきます。
詳細な限月はマウスオーバーした際のポップアップでも確認できます。

最新の銘柄は、IronFXの日本語の公式サイトにある銘柄一覧でご確認ください。

IronFX 公式サイトはこちら

日経平均株価を取引するのに、おススメの海外FX業者は?

ほぼ全ての海外FX業者が日経平均株価を取り扱っており、ほぼ全ての海外FX業者がMT4対応です。

トレーダーの方が取引する銘柄は日経平均株価だけではないと思います。

また、日経平均株価の取引環境と取引条件が特別に明らかに優れているということもありませんが、最初の人気の海外FX業者と日経平均株価の取り扱いの例一覧で上げたような海外FX業者はどこも信頼性が高いです。

ボーナスもたくさんあって、一番人気の海外FXで取引を始めたいなら、XM(XMTrading)がイイと思います。

日経平均株価の現物も複数の先物の全部取引したいなら、IronFX(アイアンFX)

実質1,000倍のレバレッジで日経平均株価を取引したいなら、Axory(アキシオリー)がイイと思います。

日経平均株価の米ドル建てなど、銘柄数にこだわるならiFOREX(アイフォレックス)がイイと思います。

FX通貨ペアと同じ感覚でシンプルに取引したいなら、TitanFX(タイタンFX)がイイと思います。

SNSのLINEでいつでも日本語サポートが対応してくれる環境がいいなら、AnzoCapital(アンゾーキャピタル)がイイと思います。

MT4ではなく、最新でMT4より速いメタトレーダーのMT5で取引したいなら、XBPrime(XBプライム)がイイと思います。

日経平均に関する最新ページ一覧