「定型チャート」を使うと、全チャートで同じ設定が共有できる

海外FXの取引プラットフォームのMT4の定型チャートという機能を使うと、一度設定したチャートと同じ設定を他のチャートへ簡単に適用できます

定型チャートとは、1つのチャートに設定した時間足やラインなどの描画、EA、インジケーターなどの設定を定型チャートとして保存、利用できる機能です。

MT4(MetaTrader4、メタトレーダー4)と同じ定型チャートの機能は、MT5(MetaTrader5、メタトレーダー5)にもあります。

MT4では、チャートごとに設定が行えます。1回だけの設定やワンクリックでは、MT4に表示している全てのチャートの設定を変更することはできません。定型チャートの機能を使うと簡単にほかのチャートの設定へ変更できます。

MT4とMT5の「定型チャート」の作り方と使い方

以下は、海外FXの取引プラットフォームのMT5の実際の画面を使った定型チャートの作り方と使い方の解説です。

  1. MT5のツールバーにある「チャート」から「定型チャート」の中の「定型チャートの保存」を選択
  2. 表示されたフォルダへ、名前を入力して「保存」を選択
  3. 適用したい銘柄のチャートを選択して、ツールバーにある「チャート」から「定型チャート」、「定型チャートの読み込み」で作成した定型チャートを適用
定型チャートの作り方と使い方は、MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)どちらも同じです。

1. 「定型チャートの保存」

MT5のツールバーにある「チャート」から「定型チャート」の中の「定型チャートの保存」を選択します。

海外FXの取引プラットフォームのMT4とMT5で定型チャートの使い方

この定型チャートの作成をする前、インディケーターとEA、ライン等の保存したい設定をした銘柄のチャートを選択しておいてください。

2. 名前を付けて保存

表示されたフォルダへ、名前を入力して「保存」を選択します。

海外FXの取引プラットフォームのMT4とMT5で定型チャートを保存する方法

定型チャートの名前は日本語でも保存できますが、エラーやバグを避けるため、できる限りアルファベットで短い名前に設定するようにしましょう。

3. 保存した定型チャートの再適用

定型チャートを適用したい銘柄のチャートを選択して、ツールバーにある「チャート」から「定型チャート」、「定型チャートの読み込み」で作成した定型チャートを適用します。

海外FXの取引プラットフォームのMT4とMT5で定型チャートを適用(読み込む)方法

フォルダから指定した定型チャートを選んで「開く」を選択すると、適用したいチャートへ自動的に適用されます。

MT4とMT5では定型チャートの使い方は同じですが、MT4の定型チャートはMT5へは導入できません。また、違うMT4同士や違うMT5同士では、導入しているEAやインジケーターなどそもそもの設定条件が違うため、別のMT4またはMT5の定型チャートを適用しようとしてもできない場合があります。

MT4とMT5の「定型チャート」で保存できる設定

海外FXの取引プラットフォームのMT4とMT5で保存できる定型チャートでは、以下の通りです。

  • チャートのタイプと色
  • チャートのスケール
  • 四本値
  • インジケーターとEA
  • ライン等のオブジェクト
  • 期間区切りライン

設定内容によっては、定型チャートとして保存できない場合があります。

MT4(メタトレーダー4)のよくある質問