端末の設定や、MT4/MT5の設定次第で動作が軽くなる

MT4 (MetaTrader4, メタトレーダー4)およびMT5 (MetaTrader5, メタトレーダー5)では、お使いのパソコンや設定が原因で、いつもより動作が遅くなることがあります。

もし、約定スピードが遅いと感じる時や、取引決済を行う際にタイムラグが生じる気がする際は、以下の内容をご確認ください。

1. 接続サーバーの切替えが出来る場合は、切替える

PCで、取引ソフト (取引プラットフォーム)のMT4/MT5を開いたら、右下に「100/1 kb」のようなサーバーステータスが表示されます。

サーバーステータス上で、右クリックして、「Rescan Servers」をクリックして下さい。

これにより、自動的に、スピードの速いサーバーへの接続されて (これまでとは違うサーバーIPアドレスを探して)、取引速度を速めることができる場合があります。

ただし、海外FX口座ごとに、決まった接続サーバーが割り当てていますので、切替えられない場合が多いです。

サーバー速度とピング (ping)の関係

スマホの場合は、サーバー接続のオンオフのみ可能

また、スマホの場合は、他のサーバーへ切り替えるRescanのようなオプションがありません。

唯一、サーバー接続のオンオフ (ONOFF)を切り替えて、リフレッシュ/見直しをすることは可能です。

  1. 「設定」画面で一番上に表示されているログイン中のMT4口座/MT5口座をタップ
  2. 「トラフィック: 100/1Kb」をタップ
  3. オンラインにする」に表示が切り替わる
  4. オンラインにする」をタップ
  5. 「チャート」画面に切り替わる (リフレッシュ完了)

具体的なサーバー接続エラーの例

2. 他のアプリのメモリ使用量削減

MT4/MT5でFX取引をする際は、利用しているPC内で動かしているMT4/MT5以外のプログラム・ソフトは全て閉じてください

MT4/MT5が、特段に重いソフトというわけではありませんが、RAMを大きく消費するソフトウェア (プログラム)ではあります。

PCに限らず、スマートフォンやタブレットでも、MT4/MT5が十分に機能する程度のメモリースペースを積極的に確保するようにしましょう。

また、みんなで海外FXでは、Vectorの無料ソフト「めもりーくりーなー (メモリクリーナー)」の利用についても解説しています。

めもりーくりーなーを使うと、メモリ圧迫を定期的に解消することが出来ますので、下記記事をご覧ください。

メモリ圧迫解消方法はこちら

3. MT4/MT5の設定を見直してメモリ節約をしましょう。

MT4/MT5自体の設定でも、動作を軽くする方法 (比較的に動作が軽くなる方法)があります。

3-1. 表示データをより少なく

MT4/MT5で表示されている「気配値表示」や「ナビゲーターバー」など、トレード以外の時しか利用しない便利な機能を閉じる (非表示にする)と、少しはメモリ節約につながります。

さらに、動作を確実に軽くする方法として表示チャートの制限があります。

次の手順で、チャートバー数を減らして、メモリ節約をすることが出来ます。

  • ツールバーの「ツール」から「オプション」を開く
  • 「オプション」ウィンドウの「チャート」タブを選択
  • 一番下に表示される2項目の設定を変える
    • ヒストリー内の最大バー数
    • チャートの最大バー数
  • 2項目とも2,500低度がおすすめ

最大バー数の初期値は、ヒストリー内の最大バー数が、512,000で、チャートの最大バー数が、65,000です。

これは、過去にさかのぼって表示されるチャートのバーの数です。

MT4ユーザー/MT5ユーザーのお客様が使用する時間足に合わせて、必要な数に設定して問題ありません。

例) 時間足の場合は、2,500本 ÷ 24本 (1日24時間分)で、104日分程度が表示されるようになります。

チャートバー数を減らすとしても、最低でも「2,000」程度に設定することがおススメされています。

3-2. 音声設定のオフや、ニュース配信停止で、更に軽量化

MT4/MT5には、ニュースフィードや音声通知などの機能もあります。

もし、利用しないけど、裏で動いているというような機能があれば、少しでも動作をスムーズにするために、オフにしておきましょう。

どちらも、チャートの表示バー数と同じようにオプションから変更することが出来ます。

MT4/MT5のニュースの配信を停止する方法
ツール > オプション > サーバー > ニュースを有効にする > チェックを外す
MT4/MT5の音声通知を停止する方法
ツール > オプション > 音声設定 > 有効にする > チェックを外す

上記の方法でも軽量化 (軽減・解消)しない場合には、あなたのパソコンと利用しているブローカーのサーバーの相性が良くない場合もあります。

その際には、別のデバイスでの取引をおススメします。

また、FX取引できないや、動作しないなどの場合は、下記のFAQをご確認ください。

MT4/MT5のチャートが動かないとき