Relative Strength Index Technical Indicator (以下RSI)は、価格トレンドを追うオシレーター系インディケーターです。

RSIの利用方法

トレーダーの間でもとても人気なインディケーターの1つで、特にRSIと価格の「分岐点」を観測するために利用されます。

RSIの数値は0から100までの数値で表示され、設定期間は9、14、25で通常利用されます。

indicator

RSIの4つの重要ポイント

  • 最高値と最低値

RSIは0から100までの数値で表示されますが、普段の最高値は約70、最低値は約30です。

これらの数値は価格の折り返し地点になります。つまり、RSIの70は売りのシグナル、RSIの30は買いのシグナルとなります。

  • フェイラ―・スイング

フェイラ―・スイングは、価格がトレンドに沿いつつも、前回の最高値(最低値)を更新し損ねた場合のことを言います。

つまり価格の波が前回よりも小さく起こることをいい、これはトレンドの転換点の可能性を示します。

  • サポートとレジスタンスライン

RSI内で構成されるサポートとレジスタンスラインは、実際のチャート上の価格のものよりも正確とも言われています。

  • 分岐点

多くのトレーダーはRSIを「分岐点」を探すために利用します。

例えば価格が最高値を更新した時に、RSIが最高値を更新していない場合などです。

このような「分岐」が確認された場合には、トレンドの転換を予測します。

もし価格とRSIのトレンドに違いが発生した場合には、基本的に価格がRSIのトレンドに修正されます。

人気ランキングへ