PAMMの略

PAMMとは (パムとは)、Percentage Allocation Management Moduleの略です。

Profit Allocation Management Moduleの略と説明される場合もあります。

PAMM口座の仕組みと意味

PAMMに利用する口座は、通常の裁量トレードを実施する取引口座とは分けて、PAMM口座となります。

また、PAMM口座は、マネージドアカウントとも呼ばれます。

コピートレードと違い、資金シェアをする

PAMMは、コピートレード (コピー取引)やミラートレード (ミラー取引)と呼ばれる取引手法とは異なります。

コピートレードでは、自分以外で高い利益を上げているトレーダーをフォローして、その取引戦略をそっくりコピーし、お客様の取引口座 (海外FX口座/海外口座)が自動的に取引される仕組みです。

PAMMの場合は、利益をあげているトレーダーに、お客様の取引口座内の資金を預けて、預けた先の勝率・利益率の高いトレーダーがお客様に代わって取引をしてくれる (取引口座の運用をしてくれる)という仕組みです。

PAMMにおける勝率の高いトレーダーは、いわゆるプロトレーダーで、マネーマネージャー (Money Manager)と呼ばれます。

PAMM口座では、コピートレードのように、お客様の口座で取引が実施されるのではなく、マネーマネージャーが他人から集めた資金で運用するマスター口座で取引をします。

そのため、お客様は、その一部資金のみの提供で参加することになり、具体的な取引履歴・運用の詳細は把握することなく、利益のみを受け取ることになります。

マネーマネージャーは、自己資金だけでなく、投資資金の提供を希望してきたお客様トレーダーの資金も預かって、より大きな資金力でトレードが出来ることなります。

FX取引において、より大きな資金力は、より大きな利益になると考えられています。

つまりは、PAMMは通常のコピートレードとは異なり、お客様は資金を自身の取引口座へ入金しますが、その入金した資金は、マネーマネージャーに共有/転送されることになります。

マネーマネージャーとインベスター

PAMM口座のマネーマネージャーとは (Money Managerとは)、お客様から資金を預かり、取引を行うトレーダーを指します。

反対に、投資資金を提供するお客様トレーダーは、インベスター (Investor/Investors)と呼ばれます。

つまり、インベスターとは (Investorとは)、マネーマネージャーに資金の運用を任せる側の投資家トレーダーを意味します。

インベスターは、自己資金の取引・運用を一貫してマネーマネージャーに任せることで、利益が発生した時には資金を増やすことが出来ます (損失が出たときは、同様に資金を失います)。

日本では禁止されているこのPAMMですが、海外では海外FX会社 (海外FX業者/海外FXブローカー)を通して行うことが出来ます。

利益分配のみを待つPAMM口座

コピートレードとは、その似た仕組みから、設定方法や登録手順はほぼ同じですが、取引履歴が見れないという大きな違いがあります。

コピー取引の場合

  1. コピーしたいトレーダーを選ぶ
  2. 割合て資金や取引数量の割合などを設定
  3. 取引口座で、自動的に取引が開始
    (コピートレード開始)
  4. 発生した損益を得る
    (コピートレード先に数%の手数料支払い)

プロトレーダーと同じ銘柄・同じタイミングで取引は実行されますが、プロトレーダーの取引量および資金は、個人トレーダーに比べて大きいため、最初に取引量の割合を設定し、それに応じて取引が実行されます。

コピートレードは、あくまで、他人と同じ取引を、自身の口座内でコピーするだけの仕組みとなります。

つまり、コピートレードでは、自己資金をコピー先のトレーダーへ預けることはありません

また、コピートレードでは、PAMMのマネーマネージャーにあたるコピー先のトレーダーを、ストラテジープロバイダー (Strategy Provider)と呼びます。

PAMM口座の場合

  1. 投資したいトレーダーを選ぶ
  2. 割合て資金や取引数量の割合などを確認
  3. 取引口座内の資金が取引に利用
    (プロトレーダー側の口座で勝手に取引開始)
  4. 発生した損益の数%を得る

PAMMでは自己資金を預けて運用するという大きな特徴があります。

つまり、PAMM口座を開設すると、インベスター側のお客様は取引を行うことなく、マネーマネージャーに資金を運用してもらい、事前に設定・取り決めた割合などに応じて損益を共有します

PAMMとコピートレードの比較

一般的なPAMMとコピートレードの強み弱みを比べて、一覧にまとめてみました。

コピートレード
(コピー取引)
PAMM
(パム)
コピーされる側になる プロでなくとも、比較的誰でも参加可能
(ストラテジープロバイダー)
契約を交わしたプロトレーダーのみ
(マネーマネージャー)
海外FX会社の縛り 海外FX会社に縛られない PAMM口座を提供しているその1社内限定
取引資金の不安定さ トレーダー自己資金にしか左右されない コピー先のトレーダー資金は、インベスター次第で増減
取引条件 トレーダー自身で一部設定可能 自分資金力に合わせた条件設定は困難
(マネーマネージャーが完全運用)
取引に必要な資金 フレキシブルに変更可能
(最低確保資金の条件などはあり)
基本的に変更不可能
利益の出金 通常、利益のみの出金はいつでも可能 最初の契約に応じた一定の支払いなど制限あり
発生する手数料 コピートレード代金、かつ、トレーダーの取引環境に合わせた取引手数料など 獲得利益の数%を手数料と差引

補足: MAM口座とは

PAMM口座に似た仕組みで、MAM口座があります。

MAMとは (マムとは)、Multi Account Managerの略です。

PAMMとは異なり、お客様の取引口座で、プロトレーダーが取引を行う方法です。

つまり、PAMM同様に完全自動で利益を得ることができ、実際にお客様の取引口座に取引履歴が残り、資産運用のこと細かな状況を把握することが出来ます。

ただし、その反面、プロトレーダー側は、手の内を全てさらけ出すことになるため、嫌う傾向にあります。

海外FX会社一覧