基本的に「1pipの利益は、1,000円」と覚えて下さい。

海外FXでも国内FXでも、「pip (ピップ, ピプ)」および「pips (ピップス, ピップス)」という単位は使用します。

10 pips稼いだ等のように表現されることもありすが、本来は、Pipとは、FXの損益ではなく、価格の変化を表す単位です。

(pipとpipsは、単数形と複数形の違いです。)

そして、1 pip = 0.01円 (1銭)、1 pip = 0.0001ドル (0.01セント)などという定義はありますが、まずは質問の答えるために、次の表をご確認下さい。

取引ロット
(取引量)
1 pipの価値
0.01 lot
(1,000通貨)
10円
0.1 lot
(10,000通貨)
100円
1 lot
(100,000通貨)
1,000円
10 lot
(1,000,000通貨)
10,000円

つまり、1 pipの価値は、トレードの取引ロット (取引サイズ)の大きさで異なります

「50 pips稼いだ」の意味は、1 lotの注文であれば、50 pips × 1,000円で、50,000円の利益となります。

海外FXのFAQ一覧はこちら

「1pipとは0.01円」という視点から、1pipの価値を紐解く

以下に、「なぜ、上記のような金額になるのか?」という計算をしていきます。

1 pip = 0.01円などの決まった単位

まず最初に、1 pipという単位を覚えて下さい。

  • 米ドル円 (USDJPY)など、日本円がベース通貨の場合: 1 pip = 0.01円
  • ユーロドル (EURUSD)など、米ドルがベース通貨の場合: 1 pip = 0.0001ドル

他にもユーロなど様々なベース通貨がありますが、1 pip = 0.0001ユーロなどのように、日本円以外は、小数点4位となります。

注文時に設定するlot (ロット)という単位

次に、FX取引の注文時に設定する取引量も覚えておいて下さい。

ただし、海外FX会社と国内FX会社でも基準が異なる場合がありますので、必ずFX業者 (FXブローカー)で設定を確認しましょう。

  • 0.01 lots = 1,000通貨
  • 0.1 lots = 10,000通貨
  • 1 lots = 100,000通貨
  • 10 lots = 1000,000通貨

海外FX会社 (海外FX業者)では、1 lot = 100,000通貨が、一般的な通貨量となります。

また、1 lotの通貨量をコントラクトサイズ (Contract Size)や、スタンダードロット (Standard Lot)と呼びます。

ロットサイズ × pip量で利益を算出

「ロットサイズ」と「pip量」が理解できれば、獲得利益を計算することが出来ます。

米ドル円 USDJPY の場合
pip lot 日本円
1 pip
(0.01円)
1 lot
(100,000通貨)
1,000円
(100,000 × 0.01)
10 pip
(0.1円)
1 lot
(100,000通貨)
10,000円
(100,000 × 0.1)
10 pip
(0.1円)
0.01 lot
(1,000通貨)
100円
(1,000 × 0.1)
ユーロドル EURUSD の場合
pip lot 米ドル
1 pip
(0.0001ドル)
1 lot
(100,000通貨)
10ドル
(100,000 × 0.0001)
10 pip
(0.001ドル)
1 lot
(100,000通貨)
100ドル
(100,000 × 0.001)
10 pip
(0.001ドル)
0.01 lot
(1,000通貨)
1ドル
(1,000 × 0.001)

Pipsは、利益・損失どちらの場合でも使用する単位ですので覚えておいて損はありません。

(仮に、500 pips勝ったという表現がされても、マイクロロット/ミニロットなどの設定できる取引口座では、0.5ドルなど少額の可能性があることを十分理解しておいてください。)

通貨単位に関する他の用語一覧