AnzoCapital-FX-Forex-CFD-Broker-2-Account-Type-Difference-Spread-Low-Wide-Comission-lot-total-cost-Compare

違いは、スプレッドの狭さ と 取引手数料の有無

海外FX業者 AnzoCapital(アンゾーキャピタル)の2種類の口座タイプは、次の違いがあります。

AnzoCapitalの口座タイプ スタンダード口座 RAW口座
(ロウ口座)
違い1:
ターゲットスプレッド
( ≒ 平均スプレッド)
1.5 pips 0.4 pips
違い2:
取引手数料
(コミッション)
0円
(無料)
720円/往復lot
(360円/片道lot)

具体的なAnzoCapitalの最新の取引条件・取引環境は、AnzoCapitalの公式ホームページの 口座 > 口座概要 から確認できます。

AnzoCapitalの公式サイトはこちら

どっちの口座タイプが人気?おすすめ?お得?

取引手数料をスプレッド換算して、AnzoCapital(アンゾーキャピタル)の2種類の口座タイプを比較します。

* スプレッド換算とは、取引手数料(1ロット当たりの〇〇円)をスプレッドと同じ単位 pips(ピップ)に変換することです。

ここでは、スプレッドとスプレッド換算した取引手数料を足し合わせて、「取引コスト」を求めます。

AnzoCapitalの口座タイプ スタンダード口座 RAW口座
ターゲットスプレッド 1.5 pips 0.4 pips
取引手数料 0円
→ 0 pips
720円/往復lot
→ 0.72 pips
取引コスト = 1.5 pips = 1.12 pips

上記のAnzoCapitalが公表するターゲットスプレッドを元に比較すると、AnzoCapitalでは、スタンダード口座より、RAW口座のほうが取引コストが安いと言えます。

つまり、AnzoCapitalのRAW口座では、取引手数料が発生しますが、スタンダード口座より優れた取引環境でトレードができる、ということです。

** 上記比較は、あくまでAnzoCapitalのターゲットスプレッドを元に比較した内容であり、スプレッド変動型のAnzooCapitalでは、実際のマーケットの状況次第でスプレッドが常に変化しますことをご理解ください。

ただし、海外FXが初めて・初心者の方で、トレードの度に取引手数料が差し引かれる仕組みに慣れない方は、スタンダード口座から口座開設しましょう

AnozoCapitalには、デモトレード(お試し用)のデモ口座がありますので、ぜひご活用ください。

AnzoCapitalのデモ口座開設はこちら