はい、あり得ます。

実際に、主要通貨でも、最小のスプレッドが0.0pipと紹介されていても、時たま最大のスプレッドが20pip – 30pipまで広がることは多々あります。

このスパイクはどのブローカーでも共通して発生する出来事で、ブローカー側が操作を行なっているのではなく、レート配信をする銀行側がトレーダーの取引による含み損をなくすための対策です。

つまり、両建てを行っていても、固定スプレッドではない場合には、必要証拠金額が突然増加し、ストップアウト(強制決済)が発生するということは多々ありますので、注意してください。

人気ランキングへ