XM(XMTrading)では、裁定取引やサヤ取りと呼ばれるアビトラージは禁止行為ですか? 目次

  1. 裁定取引は、XMの禁止取引手法
    1. 他の海外FX業者でも原則、裁定取引は禁止

海外FX業者 XM(XMTrading)では、アビトラージ(裁定取引、サヤ取り)は禁止です。

裁定取引は、XMの禁止取引手法

海外FX業者 XM(XMTrading)では、裁定取引と呼ばれる取引方法を禁止しています。

裁定取引(サヤ取り)とは、明らかに同一の価値、同一の値動きをする商品のトレードで、主にタイムラグを利用して稼ぐ方法です。裁定取引は英語で、アビトラージ(Arbitrage)といいます。

XMの公式サイトにある英語の利用規約には、下記の様に裁定取引がNG手法であると記載されています。

“… NOT to permit the abusive exploitation of arbitrage on our Online Trading Facility and/or in connection with our our Services; any Transactions or Contracts that rely on price latency arbitrage opportunities may be revoked …”
– XMの公式サイト「契約条件(Terms and Conditions)」

裁定取引と疑われる行為は、原則、禁止行為です。

XMは裁定取引および裁定取引と疑わしき行為を確認した時点で、事前の通知なしに利益没収や口座凍結、レバレッジ制限などの処置をとることがあります。

他の海外FX業者でも原則、裁定取引は禁止

裁定取引は、XM(XMTrading)に限らず、他の多くの海外FX業者でも同じように禁止されています。

そのため、複数の海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)を利用した裁定取引も原則NGで、見つかった場合には複数の海外FX業者がご利用できなくなるリスクがあります。

** 裁定取引と、裁量取引は違います。裁量取引とは、手動でFX取引をする方法を意味します。また、裁量取引の反対は、EAなどの自動売買にあたります。

また、XMの禁止行為(禁止手法)については、XMの禁止行為・使用できないEA(禁止されている自動売買)についてのページをご確認ください。

XMの公式サイト(xmtrading.com)