XMにおける必要証拠金の計算方法

以下が、海外FX業者 XM(XMTrading)のFX・CFDの銘柄のカテゴリーと必要証拠金の計算式の一覧です。

必要証拠金の計算式
FX通貨ペア ロット数 × コントラストサイズ ÷ レバレッジ = 必要証拠金
金・銀 ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 ÷ レバレッジ
プラチナ・パラジウム ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率
エネルギー ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率
株価指数 ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率
コモディティー ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率
仮想通貨 ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率

XMの公式サイトには必要証拠金などの計算ができる無料のFX計算ツールがあります。

海外FX業者 XM(XMTrading)のFX計算ツールは、無料で必要証拠金などが見える

FX計算ツールは、口座開設をしていないトレーダーでも無料で使えます。

XMのFX計算ツール こちら

1.口座のレバレッジと各銘柄の証拠金率

海外FX業者 XM(XMTrading)の最大レバレッジの888倍で取引できる銘柄は、一部の特殊なマイナー通貨などを除いたFX通貨ペアと金などの貴金属CFD銘柄のみです。

原油や日経平均株価、小麦、BitcoinなどのCFD銘柄では、銘柄ごとに決められた証拠金率に従った証拠金が必要となります。

証拠金率が決まっているかどうかは、XMの公式サイトで確認できます

海外FX業者 XM(XMTrading)でCFD銘柄の証拠金率を確認する方法

XMの取り扱い銘柄が一覧で紹介されたページでその銘柄に必要証拠金率という項目があれば、口座開設時に設定したレバレッジは関係ない銘柄となります。

XMの取り扱い銘柄とレバレッジ・証拠金率

以下は、海外FX業者 XM(XMTrading)の取り扱い銘柄とレバレッジ・証拠金率の一覧です。

カテゴリー銘柄レバレッジ/証拠金率
FX通貨ペア下記以外のFX通貨ペア口座開設時の設定に従う
スイスフラン(CHF)とのFX通貨ペア口座開設時の設定に従う。ただし、最大400倍
トルコリラ(TRY)とのFX通貨ペア口座開設時の設定に従う。ただし、最大100倍
EURDKK口座開設時の設定に従う。ただし、最大50倍
EURHKD
GBPDKK
USDDKK
USDHKD
USDCNH
EURRUB
USDRUB
貴金属口座開設時の設定に従う
プラチナ4.5%
パラジウム
エネルギーブレント原油1.5%
WTI原油
WTI原油 - ミニ
ロンドン軽油3%
天然ガス
株価指数 - 現物下記以外の銘柄1%
JP225Cash0.5%
CHI50Cash1.5%
HK50Cash
SINGCash
POL20Cash2%
GRE20Cash10%
株価指数 - 先物下記以外の銘柄1%
JP2250.5%
コモディティー全銘柄2%

一部のFX通貨ペアと金(ゴールド)・銀(シルバー)以外のCFD銘柄では、口座開設ページで設定したレバレッジは関係ありません。

日経平均株価などの株価指数(インデックス)および白銀(プラチナ)・パラジウムの貴金属(メタル)、原油・天然ガスなどのエネルギー、小麦などのコモディティー(商品)、Bitcoin・Ripple・Ethereumなどの仮想通貨では、銘柄ごとに証拠金率が設定されています

XMの公式サイト こちら

2.口座タイプや銘柄で違う1ロットあたりの通貨量

海外FX業者 XM(XMTrading)で必要証拠金を計算する際、口座タイプと銘柄ごとに違うコントラクトサイズにご注意ください。

コントラクトサイズ(Contract Size)とは、1ロットあたりの通貨量のことです。

以下は、XMの口座タイプとFX通貨ペアの1ロットの通貨量です。

FX通貨ペアの1ロットの通貨量
スタンダード口座 10万通貨
マイクロ口座 1,000通貨
スタンダード口座 10万通貨

マイクロ口座だけは、1ロットあたりの通貨量が1,000通貨になります。

海外FXでは、通常1ロットが10万通貨(100,000通貨)です。1ロットが10万通貨のコントラクトサイズをスタンダードロットとよびます。また、1ロットが1,000通貨のロットサイズをマイクロロットと呼びます。

参考:XMには、ナノロットのナノ口座やミニロットのミニ口座はありますか?

コントラクトサイズ以外の口座タイプごとの取引環境と取引条件の違いは、XMの公式サイトまたは会社紹介ページをご確認ください。

XMの公式サイト こちら

CFDは銘柄ごとに1ロットの取引量が変わる

また、海外FX業者 XM(XMTrading)のCFD銘柄の1ロットあたりの取引量は、口座タイプだけでなく各銘柄ごとにも違います

以下が、XMのFX通貨ペアの1ロットごとの通貨量とCFDの銘柄の1ロットごとの取引量の一覧です。

カテゴリー銘柄スタンダード口座マイクロ口座スタンダード口座
FX通貨ペア下記以外のFX通貨ペア10万通貨/lot1,000通貨/lot10万通貨/lot
貴金属100オンス/lot1オンス/lot100オンス/lot
5,000オンス/lot50オンス/lot5,000オンス/lot
プラチナ10トロイオンス/lot取引できない
パラジウム
エネルギーブレント原油100バレル/lot
WTI原油100バレル/lot
WTI原油 - ミニ10バレル/lot
ロンドン軽油4トン/lot
天然ガス1,000 MMBtu/lot
株価指数 - 現物全銘柄1/lot
株価指数 - 先物全銘柄
コモディティーココア1メトリックトン/lot
高品質銅2,000ポンド/lot
コーヒー1万ポンド/lot
コットン
砂糖
トウモロコシ400ブッシェル/lot
大豆
小麦
BitcoinやEthereum、Ripple、Litecoin、BitcoinCashの仮想通貨FX(仮想通貨CFD、ビットコインFX)などの現在取り扱っていいない銘柄は上記の一覧には表示していません。

最新の銘柄と最新の取引環境と取引条件は、XMの公式サイトでも確認できます。

3.CFD銘柄では最新価格が影響

海外FX業者 XM(XMTrading)のCFD銘柄では、各銘柄の最新価格が必要証拠金に影響します。

同じロット数や同じレバレッジまたは証拠金率でも、価格が違うと必要証拠金が変わってきます。

ドル円などのFX通貨ペアでは、必要証拠金の計算に価格は関係ありません。

XMの公式サイト こちら

必要に応じて、FX計算ツールやデモ口座で確認

海外FX業者 XM(XMTrading)には、無料でFX・CFDのシミュレーションができるFX計算ツールデモ口座があります。

リアル口座には無料でFXが始められる口座開設ボーナスがありますが、不安なトレーダーには、まずはデモ口座から始めることをオススメします。

XMの公式サイト(xmtrading.com)