XM(XMTrading)で海外FX口座を開設するためには、何の書類が必要ですか? 目次

  1. 身分証明書と住所確認書の2種類が必要
    1. XM (XMTrading)で有効な身分証明書の例
    2. XM (XMTrading)で有効な住所確認書の例

XM-Forex-CFD-Trading-Broker-Uploaded-Personal-Documents-for-Validation-Passport-Drivers-License

身分証明書と住所確認書の2種類が必要

海外FX業者 XMTrading(XMトレーディング、XM)で口座開設をするために必要な書類は、次の2種類の書類です。

  • 免許証などの「身分証明書」
  • 公共料金の請求書などの「住所確認書」

正確には、XMTradingの海外FX口座開設に必要なものは、上記2種類の書類のpdfやjpgなど電子データ(電子コピー)です。

スキャナー(スキャナ付きプリンター)がお近くにない場合は、スマホのカメラで撮影した写真でもOKです。

XM(XMTrading)の書類提出方法

XM(XMTrading)で有効な身分証明書の例

海外FX業者 XM(XMTrading)でお客さま本人確認のために必要な「身分証明書」は、限られています。

“有効なパスポートまたは公的な身分証明書(運転免許証、IDカード)のカラーコピー。身分証明書は有効かつ以下の情報を含むものが必要:名前(フルネーム)、発行日またはゆう呼応期限、出生地および生年月日、または納税番号、署名”
– XM(XMTrading)の会員ログインページの身分証明書に関する注意書き

例えば以下の様な書類が、XMTradingで認められた実績があるようです。

  • パスポート(顔写真のページ見開き)
  • 自動車運転免許証(裏表両面)
  • マイナンバーカード(裏表両面)
  • 住民基本台帳カード(裏表両面)
  • 障害者手帳(顔写真のページ見開き)
  • 外国人登録証(裏表両面)
  • 在留カード(裏表両面)
  • 特別永住者証明書(裏表両面)など

XM(XMTrading)で有効な住所確認書の例

海外FX業者 XM(XMTrading)でお客さま本人確認のために必要な「住所確認書」も限られています。

“最近の公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話、インターネット、および/もしくはケーブルテレビ接続等)、もしくは日付が過去6ヶ月以内に発行された銀行の利用明細書で、お客様の登録住所が確認できるもの”
– XM(XMTrading)の会員ログインページの住所確認書に関する注意書き

例えば以下の様な書類が、XMTradingで認められた実績があるようです。

  • 自動車運転免許証(裏表両面)*1
  • 電気や公共料金の請求書(名前と住所が記載されたぺージ)
  • 銀行の利用明細書(名前と住所が記載されたぺージ)
  • 住民票(名前と住所が記載されたぺージ)
  • 健康保険証(裏表両面)
  • 印鑑登録証明書(名前と住所が記載されたぺージ)
  • 納税通知書(名前と住所が記載されたぺージ)
  • マイナンバーカード(裏表両面)など
*1 すでに「身分証明書」として、海外FX業者 XM(XMTrading)へアップロードしている場合、自動車運転免許証は「住所確認書」として利用できません。
*2 世帯主でないトレーダーは、公共料金の請求書などがありません。その場合、住所の記載されたクレジットカードの利用明細を住所確認書類として利用して下さい。

今なら、XMTradingでは必要書類の提出をすると、無料で海外FXのトレードができる「口座開設ボーナス 3,000円」がもらえますので、早めに書類の提出(口座有効化)をしましょう。

XMTradingの会員ログインはこちら

上記の有効な必要書類の一覧は、多くの海外FX口座の開設の際に必要となる基本的な書類です。

有効期限の決まっている住所確認書類のご準備が大変な場合などは、有効期限内にXM(XMTrading)だけでなく同時に他の海外FX業者でも口座開設しておくなど、効率的に手続きしておかれることがおススメされます。

海外FX業者の最新ランキングを確認