XM(XMTrading)の口座開設には、何の書類の提出が必要ですか?有効な必要書類を教えてください。 目次

  1. 身分証明書と住所確認書の2種類が必要
    1. XMで有効な身分証明書の例
    2. XMで有効な住所確認書の例

海外FX業者 XM(XMTrading)の口座有効化(本人確認)で有効な必要書類は?提出方法は?

身分証明書と住所確認書の2種類が必要

下記の2種類の書類が、海外FX業者 XM(XMTrading)で口座開設する際に必要な書類です。

  1. 名前と顔写真などがわかる身分証明書
  2. 住所と書類発行日などがわかる住所確認書

XMで取引口座を開設する際に必要な書類は、上記2種類の書類のpdfやjpgなどの電子データ(電子コピー)です。

スマホのカメラで撮影した写真でもOKですし、スキャナー(スキャナ付きプリンター)でスキャンしたデータでももちろんOKです。

XMの公式サイト(xmtrading.com)

XMで有効な身分証明書の例

海外FX業者 XM(XMTrading)で行う本人確認のために必要な身分証明書は限られています。

“有効なパスポートまたは公的な身分証明書(運転免許証、IDカード)のカラーコピー。身分証明書は有効かつ以下の情報を含むものが必要:名前(フルネーム)、発行日またはゆう呼応期限、出生地および生年月日、または納税番号、署名”
– XMの会員ページ「身分証明書に関する注意書き」

以下の書類が、過去にXMの身分証明書として有効と認められた書類の一覧です。

  • パスポート
  • 自動車運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

パスポートなどの手帳形式の書類は顔写真のページの見開きだけの写真提出で大丈夫ですが、免許証などのそのほかのIDカードでは基本的にカードの表面と裏面の両面の写真を提出して下さい。

顔写真付きでも学生証やコストコの会員証などは、公的機関が発行していないため、有効ではありません。

XMで有効な住所確認書の例

海外FX業者 XM(XMTrading)で行う本人確認のために必要な住所確認書も限られています。

“最近の公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話、インターネット、および/もしくはケーブルテレビ接続等)、もしくは日付が過去6ヶ月以内に発行された銀行の利用明細書で、お客様の登録住所が確認できるもの”
– XMの会員ページ「住所確認書に関する注意書き」

以下の書類が、過去にXMの住所確認書として有効と認められた書類の一覧です。

  • 自動車運転免許証
  • 電気やガス、水道などの公共料金の請求書
  • インターネット料金の請求書
  • 携帯電話を含む電話会社からの請求書
  • 銀行発行の利用明細書や残高証明書
  • 住民票
  • 国民健康保険の健康保険証
  • 印鑑登録証明書
  • 納税通知書 など
自動車運転免許証は、すでに身分証明書としてXMへアップロードしている場合、住所確認書として使えません。

また、基本的に世帯主でないトレーダーは、電気ガス水道などの公共料金の請求書は有効ではありません。

その場合、住所の記載されたご自身のクレジットカードの利用明細などを住所確認書類としてご利用ください。

マイナンバー通知カードおよびマイナンバーカードは、XMでは住所確認書として使えません

書類提出方法がわからないトレーダーやエラーが出て書類がアップロードできないトレーダーは、XMの口座有効化マニュアルをご確認ください。

XMの公式サイト(xmtrading.com)

引っ越しや結婚などで個人情報に変更が発生した場合は、個人情報の変更手続きを行って下さい。

参考:XM(XMTrading)に登録した個人情報を変更・修正する方法