海外FX業者 XM(XMTrading)のMT4、MT5のスマホアプリでトレードが表示されないため、取引できない場合の対処方法「

MT4、MT5のスマホアプリでトレードが表示されない理由

以下が、海外FX業者 XM(XMTrading)で口座開設後に入金までしたのに、MT4またはMT5のスマホアプリでトレードのメニューが表示されない為に取引できない理由と原因です。

  1. 口座有効化していない
  2. 取引できない時間
  3. 別の口座タイプのシンボル

対処方法などの詳しい解説は、後述をご確認ください。

1.XMでは口座有効化をしないと取引できない

海外FX業者 XM(XMTrading)では、口座有効化を完了しないと取引できません

口座有効化とは、お客様本人確認のための個人情報に関する書類提出です。

口座有効化は、口座認証や口座承認、KYC(Know Your Client、Know Your Customer)と呼ばれます。

口座有効化に必要な書類の例

海外FX業者 XM(XMTrading)の口座有効化は、下記の最低2種類の書類を会員ページから提出しなければいけません。

有効な必要書類の例
身分証明書 パスポートや運転免許証、住基カード、マイナンバーカードなど
住所証明書 運転免許証、国民健康保険被保険者証、公共料金の請求書、携帯電話の請求書など

運転免許証は、身分証明書または住所確認書としてどちらかにしか使えません

身分証明書で運転免許証を提出(アップロード)した場合は、住所確認書では運転免許証以外でトレーダーの住所が記載された有効な書類を提出してください。

XMでは口座有効化をしなくても、入金はできる

海外FX業者 XM(XMTrading)で口座有効化が完了しないと取引できない仕組みは、MT4やMT5のスマホアプリに限らず、MT4やMT5のパソコンソフトでも同じです。

この仕組みは海外FX業者(海外FXブローカー、海外FX会社)ごとにバラバラで、口座有効化をしなくても取引できるパターンや入金時に口座有効化が必須など、様々なパターンがあります。

ただし、口座有効化は、各海外FX業者がライセンスやレギュレーション、法律に従っていることを示す作業依頼でもありますので、口座開設時と同時に実施するようにしましょう

XMでは口座有効化をしなくても入金だけは出来ますので、あとから書類がそろわないために出金できなくなったなどのトラブルが起こらないように気を付けてください。

XMのログイン こちら

2.取引時間外の銘柄は、時間になるまで取引できない

海外FX業者 XM(XMTrading)では銘柄個々に取引時間が決まっており、取引時間外の銘柄ではトレードのメニューは表示されません

例えば、ロシアルーブル(RUB)を除くFX通貨ペアは、日本時間で月曜日の朝6時または朝7時から土曜日の朝6時または朝7時まで、ほぼ24時間取引できます。

しかし、金や原油、日経平均株価などのCFD銘柄は、銘柄個々に取引時間が決められており、平日の24時間いつでも取引!とはいきません。

週末の土日は基本的に取引できない

海外FX業者 XM(XMTrading)では、取引もカスタマーサポートも週末の土曜日や日曜日は基本的にお休みです。

そのため、週末に口座開設して、週末の取引時間外はMT4やMT5のスマホアプリでもパソコンソフトでもトレードなどの取引ができるボタンは表示されません

最新の正確な取引時間は、XMの公式サイトでもご確認ください。

XM(XMTrading) 公式サイト

3.他の口座タイプでしか取引できないシンボルは取引できない

海外FX業者 XM(XMTrading)には3種類の口座タイプあり、FX通貨ペアと金・銀のCFD銘柄は口座タイプごとにシンボルが違います

シンボルの拡張子 シンボルの例
スタンダード口座 (拡張子なし) USDJPY, GOLD など
マイクロ口座 ~micro USDJPYmicro, GOLDmicro など
XMZero口座 ~.(ドット) USDJPY., GOLD. など

スタンダード口座とマイクロ口座で取引できるエネルギーや株価指数、コモディティーは、同じシンボルになります。

上記以外の回線不通!やコモンエラー、不正な口座、アップデート待機中などのエラーで取引できない場合は、MT4・MT5のよくあるエラーと対処方法をご確認ください。

XMの公式サイト(xmtrading.com)