マイクロ口座で取引できる銘柄の見分け方

海外FX業者 XM(XMTrading)でどの口座タイプを選んでも、MT4やMT5、ウェブトレーダーに表示される全ての銘柄は取引できません。

マイクロ口座でしか取引できない銘柄やXMZero口座(XMゼロ口座、XMTrading Zero口座)でしか取引できない銘柄があります。

マイクロ口座を持っていますが、新規注文が出せません。なぜでしょうか?

…気配値表示 画面上で右クリックし、全通貨ペア を選び. “マイクロ” と後ろについたシンボル(例:EUR/USDではなくEUR/USDmicro)を検索していただく必要があります。”
– XMの公式サイト「よくあるご質問」

マイクロ口座で取引できるFX通貨ペアと金・銀のCFD銘柄は、シンボルの末尾にmicroがついた銘柄のみです。

XMの口座タイプとシンボルの違い

海外FX業者 XM(XMTrading)では、3つの口座タイプでそれぞれトレードできる銘柄もそのシンボルの表記も違います。

以下が、XMの口座タイプと取り扱い銘柄、シンボル表示の違いです。

スタンダード口座 マイクロ口座 XMZero口座
FX通貨ペア USDJPY など USDJPYmicro など USDJPY. など
金・銀 GOLD など GOLDmicro など GOLD. など
プラチナ・パラジウム PLAT-JAN20 など PLAT-JAN20 など 取引できない
株価指数 JP225Cash など JP225Cash など 取引できない
エネルギー BRENT-DEC19 など BRENT-DEC19 など 取引できない
コモディティー COFFE-DEC19 など COFFE-DEC19 など 取引できない
仮想通貨 BTCUSD など BTCUSD など 取引できない
海外FX業者 XM(XMTrading)は、2019年9月末をもって仮想通貨FXの提供を終了しました。

参考:XM(XMTrading)が、2019年10月から仮想通貨FXの新規取引を停止・終了

XMのマイクロ口座で取引できる銘柄は、USDJPYmicro、EURUSDmicro、GOLDmicro などになります。

さらに詳しいXMの口座タイプと取り扱い銘柄の違いは、下記の参考ページをご確認ください。

MT4・MT5で~microの銘柄が表示されない場合

海外FX業者 XM(XMTrading)のマイクロ口座で取引できる~microの銘柄は、初期状態では表示されていません

MT4上で8つのペアしか表示されません。どうすれば残りを表示させることができますか?

MT4プラットフォームにログインし、気配値表示画面‐ 右クリック – 全通貨ペアを表示 を選び、下にスクロールすると、取引可能なすべての商品をご覧いただけます。”
– XMの公式サイト「よくあるご質問」

以下は、パソコンソフトのMT4(メタトレーダー4、MetaTrader4)およびMT5で、シンボルの後ろにmicroがついた銘柄の表示方法・手順です。

XMにマイクロ口座を持っていますが、新規注文が出せません。なぜでしょうか?

  1. 気配値表示のウィンドウで右クリック
  2. 通貨ペアを選択
  3. ~Micなどのマイクロ口座でも取引できる銘柄カテゴリーを選択
  4. ~microなどのシンボルを選択
  5. 銘柄を表示するをクリックすると、追加表示される

スマホアプリのMT4、MT5(メタトレーダー5、MetaTrader5)での銘柄の追加方法は、スマホアプリの使い方マニュアルで詳しく解説しています。

MT4・MT5の灰色の(グレーアウトされている)銘柄について

海外FX業者 XM(XMTradng)で口座開設後、MT4またはMT5で全銘柄を表示させると銘柄の一覧の中に灰色に塗られた銘柄があります。

それら灰色の銘柄(グレーアウトされた銘柄)は、MT4およびMT5で原油価格等を計算するために使われている銘柄となります。

灰色の銘柄(グレーアウトされている銘柄)は、トレードできません。

混乱を避けるために、それら灰色の銘柄は右クリックのオプションから非表示を選んで表示を消しておきましょう。

XMの公式サイト(xmtrading.com)

~microの銘柄を取引するときの注意

海外FX業者 XM(XMTrading)のマイクロ口座で取引できる~microの銘柄は、コントラクトサイズがマイクロロットになります。

コントラクトサイズとは、1ロットあたりの通貨量のことです。契約サイズや取引単位とも呼ばれます。

マイクロ口座のコントラクトサイズ:1 lot = 1,000通貨

海外FXで通常のコントラクトサイズは10万通貨で、XMのマイクロ口座は10万通貨の100分の1の1,000通貨になっている点にご注意下さい。

XMの口座タイプごとの1ロットの大きさ(1ロットの単位)の比較一覧は、以下の通りです。

XM(XMTrading)の口座タイプ 1 lotの大きさ
スタンダード口座 10万通貨
マイクロ口座 1,000通貨
XMゼロ口座 10万通貨

同じ1ロットでトレードしても、マイクロ口座の場合はスタンダード口座に比べて損益が100分の1も小さくなります

また、スタンダード口座では金が1ロット100オンス、銀が1ロット5,000オンスに対して、マイクロ口座では金が1ロット1オンス、銀が1ロット50オンスと100分の1になります。

FX通貨ペアと金・銀以外のCFD銘柄は、スタンダード口座とマイクロ口座では取引環境と取引条件に違いはありません。シンボルも同じです。

不安を感じたら、無料のFX計算ツールでシミュレーション

海外FX業者 XM(XMTrading)の日本語の公式サイトにある無料のFX計算ツールで必要証拠金やスワップポイントなど、簡単に計算できる

また、もし必要証拠金の計算など苦手なトレーダーは、海外FX業者 XM(XMTrading)の日本語の公式サイトにあるFX計算ツールをご活用ください。

XMのFX計算ツールは、レバレッジ倍率で変わる証拠金額やスワップ、スプレッドなどを簡単に計算できる無料の便利なツールです。

XMの公式サイト(xmtrading.com)